MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

チ・ジニ主演最新作『パラレルライフ』邦題決定

『パラレルライフ』
邦題決定のお知らせ
時を超えて、運命は繰り返す
30年前の事件の繰り返し、予見された死
“パラレルライフ”の秘密を解けなければ、16日後、私と子供は死んでしまう!
チ・ジニ主演最新作「Parallel Life」の邦題が『パラレルライフ』に決定し、7月、シネマスクエアとうきゅうにて公開の運びとなりました。
最年少部長判事に任命されたソクヒョン(チ・ジニ)は、妻が殺され容疑者が逃走する事件を経験する。彼はまったく同じ悲劇が、30年前最年少部長判事だったハン・サンジュンにも起きたという事実を知る。本作は、ケネディとリンカーンが100年の時を経て同じ運命をたどったように、違う時代を生きる二人の運命が同じパターンに展開されることがあるという “パラレルライフ”に巻き込まれたと知った一人の男が、16日後に起きると予見された自分と娘の死を防ぐために“パラレルライフ”の秘密を掘り下げていくというミステリー・スリラーです。


●ストーリー
最年少部長判事として出生街道をひた走っていたソクヒョン(チ・ジニ)。美貌の妻とかわいい娘がいる、人も羨む人生だが、ある日彼の妻ユンギョンが無残な変死体で発見され、混乱に陥る。
ソクヒョンの法学部の同期であり、ユンギョンにずっと片想いをしていたガンソン(イ・ジョンヒョク)は、自ら進んで事件を担当し、ソクヒョンの判決に不満を抱いてきたチャン・スヨン(ハ・ジョンウ)を殺害犯として検挙し、急いで事件を終結させる。一方、失意の中にあったソクヒョンは、事件を担当していた女性記者から、かつて存在した人物であるハン・サンジュン判事とソクヒョンが全く同じ人生を生きることになる“パラレルライフ”に巻き込まれており、犯人として検挙したチャン・スヨンが脱走し、ソクヒョンとソクヒョンの娘を殺害するだろうという衝撃的な警告を聞くことになる。
ソウル大学の法学部を首席で卒業、最年少部長判事に任命、美貌の妻の殺害まで…。30年の時を経て、自分がハン・サンジュンと日付まで同じ人生を生きていることを知ったソクヒョンは、次第にパラレルライフを確信するようになり、30年前のハン・サンジュン事件を解き明かしていく。
しかし、誰かが30年前の資料を意図的に破棄し、捜査を手伝っていた女性記者も首を絞められて殺害された姿で発見される。弱り目に祟り目で、ユンギョンの殺害犯として逮捕されていたチャン・スミョンが30年前の犯人と同じ日に逃走する…。
“パラレルライフ”通りなら、16日後にソクヒョンとたった一人の娘まで死ぬことになる。彼は”“パラレルライフ”に隠された秘密を解き明かし、予見された結末を変えることができるのか!
監督:クォン・ホヨン(『ある日突然 2番目の話-4番目の階』
出演:チ・ジニ(『宮廷女官チャングムの誓い』『ス SOO』)、イ・ジョンヒョク(『マルチュク青春通り』)、ハ・ジョンウ(『チェイサー』『国家代表』)、ユン・セア(『宮女』)、パク・ビョンウン(『サイボーグでも大丈夫』
2010年/韓国/110分/韓国語/35mm/カラー/原題:Parallel Life
配給:CJ Entertainment Japan
(C) 2010 CJ Entertainment Inc. All Rights Reserved
『パラレルライフ』
7月、シネマスクエアとうきゅう 他全国公開
→『パラレルライフ』の記事を探す