MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』ショートフィルム同時上映決定!

『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』
5月9日(日)「9~オリジナル・ショートフィルム」を同時上映!
5月8日(土)より『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』が全国ロードショーされます。
本作は、2005年アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたシェーン・アッカー監督による11分の短編を観たティム・バートンが、“これまでの人生で見た映像の中で、最高の11分だった”と絶賛して、自らプロデューサーとして長編化を手掛けた作品です。
このたび、5月9日(日)の1日限定で本作のオリジナルである11分の短編作品「9 ~オリジナル・ショートフィルム」を同時上映することが決定しました。
同日は、新宿ピカデリーの全ての上映回で『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』本編上映前に短編を上映致します。この1日だけの貴重な機会に、鬼才ティム・バートンが唸ったオリジナリティ溢れる新感覚ファンタジーの長編&短編両方の世界をぜひ同時体験してみてください!!


●5月9日(日)は“9<ナイン>”の日
1日限定! ティム・バートンが絶賛したオリジナルの11分の短編作品
「9~オリジナル・ショートフィルム」を同時上映!
日時:5月9日(日)
全ての回で本編上映前に短編を上映します。
場所:新宿ピカデリー
※通常料金での上映となります。
●「9~オリジナル・ショートフィルム」上映情報
5月1日(土)より横浜・みなとみらい「ブリリア ショートショート シアター」にて 劇場公開決定!
「ShortShorts 11」プログラムで限定上映します。
詳しくはこちら
http://www.Brillia-SST.jp
●ストーリー
人類は何故滅びたの? そして僕は、何のために生まれたの?
古びた研究室の片隅で、麻布を縫い合わせて作られた奇妙な人形が目を覚ました。腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9”が描かれている。自分は誰なのか、ここはどこなのか、彼にはわからない。恐る恐る外を見ると、見渡す限りの廃墟が広がっていた。
人類はなぜ滅びたのか。彼は何のために作られたのか。戦いの中で次第に明らかになっていく謎。
未だ見ぬ黙示録が今、幕を開ける―。
原案・監督:シェーン・アッカー(アカデミー賞短編アニメーション賞ノミネート)
製作:ジム・レムリー『ウォンテッド』、ティム・バートン『チャーリーとチョコレート工場』、ティムール・ベクマンベトフ『ウォンテッド』
キャスト(声):イライジャ・ウッド、ジョン・C・ライリー、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー
原題:9/アメリカ映画/2009年/カラー/ヴィスタ/80分/ドルビーデジタル
『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』
5月8日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』の記事を探す
→ティム・バートンの記事を探す