MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

菅野美穂主演『パーマネント野ばら』公開日決定

どんな恋でもないよりマシ・・女性はいくつになっても、恋していたい!!
菅野美穂と夏木マリが恋のお悩み相談にのります!
リアル“パーマネント野ばら”が登場?!
<恋のお悩みは、twitterで絶賛募集中!!>
8年ぶりの主演:菅野美穂×原作:西原理恵子×監督:吉田大八
西原理恵子原作の『パーマネント野ばら』が映画化され、5月22日(土)に公開が決定しました。
主演には、その独特の雰囲気で唯一無二の存在感を放っている女優・菅野美穂。映画での主演は、『DOLLS』(北野武監督・2002)以来、実に8年ぶりとなります。


原作は、西原理恵子が“大人の女性の恋心”を初めて描き多くの共感と絶大なる支持を得ている、叙情的最高傑作と評される作品です。
監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(2007)他で国際的にも評価が高い吉田大八。
共演には、小池栄子、池脇千鶴、宇崎竜童、夏木マリ、そして江口洋介と強力な役者陣がそろいました。
主題歌は、高知県出身の注目アーティストさかいゆうの「train」。多才な顔ぶれが集結し、深い余韻を残す感動作が誕生しました。
このたび、劇中では母娘を演じている菅野美穂さんと夏木マリさんをゲストに迎え、本作のテーマでもある“恋”について、大いにガールズトークを展開していただくイベントを行うことになりました!
お二人には世の女性たちのリアルなお悩み相談に答えていただくべく、現在twitterでお悩みを絶賛募集中!!
どんなお悩みと答えが飛び出すのかはイベント当日までのお楽しみです。
※twitter募集アドレス→http://twitter.com/nobaramovie
●ストーリー
「ずっと好き」はどこにもないから 私は毎日、小さな嘘をつく。
海辺の町にひっそり佇む、小さな美容室「パーマネント野ばら」
ここは、一人娘を連れて出戻ったなおこ(菅野美穂)とその母まさ子(夏木マリ)が切り盛りしている、町に一つのパーマ屋さん。
町の女たちは日々ここへ集っては、退屈な日常に華を求めるようにおしゃべりを繰り広げている。
「野ばらさん」と皆に慕われているまさこは家に寄り付かない夫のカズオ(宇崎竜童)に愛想をつかし、なおこの友人で、浮気と金の無心ばかりの夫に頭を悩ましているみっちゃん(小池栄子)、同じくギャンブルに溺れて行方不明の旦那を心配するともちゃん(池脇千鶴)をはじめ、それぞれ決して幸せとは言い切れない人生を生きている女たち。
それでも、ここでは皆、そんな自分たちを明るく笑いとばしている。「どんな恋でもないよりましやん」と。
一方なおこは、高校教師のカシマ(江口洋介)と恋をしている。
落ち着いてお互いを優しく想いあっている二人。
しかし、その恋にもある秘密が隠されていた・・・。
美しい空と海に囲まれた田舎町で起こった、すべての人の記憶に残る、ある切ない恋の物語。
原作:西原理恵子『パーマンネント野ばら』(新潮社刊)
監督:吉田大八
出演:菅野美穂 小池栄子 池脇千鶴/宇崎竜童 夏木マリ/江口洋介
配給:ショウゲート
(C)2010映画『パーマネント野ばら』製作委員会
『パーマネント野ばら』
2010年5月22日(土) 新宿ピカデリー他全国ロードショー
→『パーマネント野ばら』の記事を探す
→菅野美穂の記事を探す