MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

史上初! 新作映画の上映中にツイッターでつぶやける『RAILWAYS』リアルツイッター試写会開催!

上映中に携帯でどんどんつぶやこう!
映画史上初!
新作映画の上映中にツイッターでつぶやける
あなたのつぶやきはDVD&ブルーレイのブックレットに!
『RAILWAYS』リアルツイッター試写会開催!
5月29日(土)公開の映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』。公開を前にして今話題のツイッターを利用した試写会イベントを開催します。昨今ツイッターを駆使した映画のイベントが広く行われておりますが、今回のイベントでは映画の世界ではタブーとされてきた上映中の携帯の使用を許可した新作映画史上初の「上映中にツイッターでつぶやける」試写会イベントです。


このイベントには「ぴあ」との共同プロモーションとして展開し、試写会の募集やイベントレポート等の露出にご協力いただきます。また、この試写会に参加した方の上映中のつぶやきは後日『RAILWAYS』のDVD&ブルーレイのブックレットに収録の予定です。
●映画『RAILWAYS』リアルツイッター試写会イベント
日時/場所:5月17日(月)18:30開演 松竹本社試写室にて
募集人数:60人
募集サイト:ぴあ映画生活/映画『RAILWAYS』オフィシャルサイトにて
応募条件
○ フォロアー50人以上
○ 上映中に携帯で映画の感想をつぶやける自信のある人
○ 上映後、ぴあ等の取材にご参加いただける人
※DVD、ブルーレイのブックレット収録について:収録されるつぶやきは、ブックレットの紙面の制約上、抜粋となる場合がございます。また、参加された方の全てのつぶやきを吟味し、映画のタイムラインに合わせるよう多少編集させていただく場合がございます。
●作品紹介
家族とは? 人生にとって本当に大切なものとは?心に響く感動作、誕生。
ただ、がむしゃらに生きてきた。しかし、気がつくと、家族はいつしか家族ではなくなっていた。妻の気持ちも、娘の気持ちも分からない。自分の気持ちさえも…。一流企業を辞め、子供の頃の夢だった電車の運転士になる決意をした男。“自分にとって、大切なこと”に気づき、前進してゆく姿が、離れかけた家族の絆をつないでゆく。
主人公が憧れる電車は、島根県東部を走る一畑(いちばた)電車。明治44年の創業以来100年間、廃線の危機も乗り越えながら、今尚ひた向きに走り続けています。スクリーンに広がる大自然と、日本最古級の電車が紡ぎだす出雲の田園風景が、現代の我々が忘れかけている日本の原風景を思い起こさせてくれます。監督は『白い船』の錦織良成。『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの企画・制作ROBOTが、心温まる感動を贈ります。
出演:中井貴一 高島礼子 本仮屋ユイカ 三浦貴大・奈良岡朋子
製作総指揮:阿部秀司
監督:錦織良成
主題歌:「ダンスのように抱き寄せたい」松任谷由実
(C)2010「RAILWAYS」製作委員会
『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』
5月29日(土)より全国ロードショー
→『RAILWAYS』の記事を探す
→twitterの記事を探す