MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『運命のボタン』原作者、伝説の作家リチャード・マシスン ブーム到来!

ヒー・イズ・レジェンドスティーヴン・キングら人気作家競演!
『運命のボタン』原作者、伝説の作家リチャード・マシスンブーム到来!
超豪華トリビュート本いよいよ発売!
“ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。期限は24時間。”という超究極の選択がつきつけられる、キャメロン・ディアス主演の異色サスペンス映画『運命のボタン』。
本作の原作はリチャード・マシスンが1970年に発表した“Button, Button”(原題)という短編小説。マシスンは、スピルバーグの監督デビュー作『激突!』の脚本や、『アイ・アム・レジェンド』の原作を手がけた、SF、ホラー、ファンタジーまで多岐にわたるジャンルに挑み続け、後進に多大な影響を与える伝説的な存在。


日本でも近年、過去作品の翻訳が数々出版されるなど、再評価の声は高まるばかりで、秘かな「マシスン・ブーム」が到来中。『運命のボタン』のリチャード・ケリー監督が「一見シンプルだけど、さらに深い部分が潜んでいるこの物語に、すぐに夢中になった。」という原作“Button, Button”を含む短編集「運命のボタン」が先月発売となり好評を博している。
そしてこのたび、そんなマシスンの作品にインスパイアされ、人気作家が競演したトリビュート本『ヒー・イズ・レジェンド』が小学館文庫から4月6日(火)より発売中!
多くの作家が畏敬する巨匠、マシスンとあり、今回のトリビュート本には超豪華人気作家が競演。例えばスティーヴン・キング&ジョー・ヒルの父子が共作で『激突!』から着想を得た作品を寄せているというのだからたまらない!
ここは映画と併せてチェックして、生きる伝説の魅力を、秘かなブーム到来中の今こそじっくり味わってみては!?
●作品内容
ある日の明け方、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻のもとに箱が届く。箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。その日の夕方、スチュワート(フランク・ランジェラ)と名乗る謎の人物がノーマを訪ね、驚くべき提案を持ちかける。
「このボタンを押せば、あなたは1億円 を受け取る。ただしこの世界のどこかで、あなたの知らない誰かが死ぬ。提案を受けるかどうか、期限は24時間。他言した場合取引は無効」。ふたりは道徳的ジレンマに迷うが、目の前に1億円を見せられ生活が苦しいこともあり、結局ボタンを押してしまう。果たして、ふたりの運命の行方は!?
熱狂的ファンを生んだ『ドニー・ダーコ』の若き鬼才リチャード・ケリー監督が、『アイ・アム・レジェンド』の原作者の短編をもとに作り上げた、観る者の想像をはるかに超える衝撃のサスペンス。1億円か死か、究極の選択がいま幕を開ける!
出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ
監督:リチャード・ケリー(『ドニー・ダーコ』)
原作:リチャード・マシスン『運命のボタン』(ハヤカワ文庫刊)
音楽:アーケード・ファイア
原題:THE BOX
2009年/アメリカ/英語/カラー/スコープサイズ/1時間55分/SRD・SDDS・DTS
日本語字幕:松浦美奈
提供:博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート
協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
『運命のボタン』
5月8日(土)より、TOHOシネマズ みゆき座 ほか全国ロードショー!
→『運命のボタン』の記事を探す
→リチャード・マシスンの記事を探す