MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

相武紗季、眞木大輔、塚本高史のトリプル主演『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』初日決定

相武紗季主演最新作『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』、9月11日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショーが決定しました。
トリプル主演となる眞木大輔、塚本高史といった俳優陣がシェフという設定から、ヘルシーイタリアンレシピをオリジナル開発!
監修には、マクロビオティック・コーチの西邨マユミ先生にご協力頂き、40品目以上のおいしいごはんがスクリーンを色とりどりに飾ります。


西邨先生はマドンナのプライベートシェフとして7年以上従事しており、マクロビオティック料理を推奨する日本での第一人者として知られています。
また、2008ジュノンスーパーボーイグランプリの市川知宏、梨園からは市川亀治郎、映画初出演となる元宝塚のトップスター真琴つばさ、芸能界屈指の名優・北大路欣也などが脇を固めております。脳科学で有名な茂木健一郎先生も本作で映画初出演を果たしました。
音楽にかみむら周平を迎え、槙原佑樹の奏でるピアノ音楽や劇中曲を書き下ろしました。
また主題歌は、Mr.BIGのボーカル、エリック・マーティンが担当。スウィートボックスで知られるプロデューサーGeoと共に、本作のために「Love Is Alive」を書き下ろしました。
●ストーリー
「今日、プロポーズの返事をしないといけないの。武の意見もききたくて・・・」
幼なじみ・佐藤瑠璃(25)から入っていた留守電のメッセージ。
それを聞いたイタリア料理のシェフ・田中武(25)は、夜の東京・表参道を走っていた。
瑠璃を見つけたとき、隣には先輩シェフである、一流イタリアン料理店オーナー・水沢譲二(38)がいた。
「伝えたいことが、あるんだ。瑠璃、俺・・・」とその時・・・
ピアニスト・槙原佑樹(28)が起こしたアクシデントにより、武は命を落としてしまう。
佑樹は奇跡的に助かるが、少しずつ取り戻した記憶は・・・なぜか武のものだった。
中学時代から、ことあるごとに瑠璃のために料理を作ってきた武。
見た目は違くとも、慣れ親しんだ武の料理を作る佑樹を許せない瑠璃。
しかし、武の想いを伝えるがためによみがえってきた佑樹の行動に、次第に瑠璃の心はうちとけていく・・・
ピアニストとシェフ そんなふたつの人格が共存する状態で、瑠璃を目の前にした時。
瑠璃を好きなのは、武なのか佑樹なのか?
あの夜、武が全力で走ってきて、伝えたかったこととは・・・?
「ナポリタンのレシピを研究して、瑠璃の特別な日に作ってあげるよ」
約束の味が二人をつなぐ、あったかくてせつないラブストーリー。
出演:相武紗季、眞木大輔、塚本高史/市川知宏、岡山智樹、茂木健一郎/真琴つばさ、市川亀治郎、北大路欣也
企画・プロデューサー:野間清恵
監督:村谷嘉則
脚本:鈴木勝秀
マクロビオティック・コーチ:西邨マユミ
音楽:かみむら周平
主題歌:エリック・マーティン「Love Is Alive」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
上映時間:105分
配給:日活
(C)2010「恋も仕事も腹八分目」フィルムパートナーズ
『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』
9月11日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル池袋ほか全国ロードショー
→『恋するナポリタン~世界で一番おいしい愛され方~』の記事を探す
→相武紗季の記事を探す