MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

修学旅行は宇宙でした。『宇宙ショーへようこそ』2010年“夏”公開決定!

監督 桝成孝二 ついに劇場へ。
新世代の才能が放つ“ビッグ・バン”アドベンチャー!!
第60回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門(Kplus)ノミネート作品
A-1 Pictures 第1回劇場オリジナルアニメーション/舛成孝二監督
『宇宙ショーへようこそ』
2010年“夏”公開決定!
現在のアニメーション界をリードする気鋭のスタッフが集結し注目を集めるA-1 Pictures の第1回劇場オリジナルアニメーション『宇宙ショーへようこそ』。第60回ベルリン国際映画祭ジェネレーション部門(Kplus)ノミネート作品である本作。劇場公開(配給:アニプレックス)が<2010年夏>に決まりました。


●作品概要
都会の喧騒から離れ、美しい自然に囲まれた小さな村、村川村。
小学校の全校生徒は、町から転校して来たばかりの小山夏紀を入れてもわずか
五人。
それでもみんな仲良く元気に毎日を過ごしていた。
そして夏休み、恒例の子どもだけの合宿で学校に集まった夏紀、周、康二、倫子、清の五人は、行方不明になったうさぎのぴょん吉を探しに裏山へと足を踏み入れる。
だがぴょん吉の代わりに彼らが見つけたものは謎の巨大なミステリーサークルと、その脇でケガをして横たわっていた一匹の犬。夏紀たちは犬を連れ帰り、手当てをすることにしたが、何と彼は犬ではなく、惑星プラネット・ワンからやって来た宇宙人だったのだ。
はるか2100万年光年の彼方から地球を訪れた彼、ポチの目的とは?
小さな村の子どもたち五人と一匹の宇宙人が繰り広げる宇宙最大の冒険がいま幕を開ける!
本作が劇場作品初監督となる舛成孝二は、テレビシリーズ『かみちゅ!』(2005)で第9回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞、その卓越した演出力、構成力は、アニメーションの枠をこえた普遍性を備えていると、多くの識者から高い評価を得ているトップクリエーターのひとり。
制作は、新進ながら『おおきく振りかぶって』『黒執事』など話題作をおくり出し、満を持して初劇場作品を手掛けるA-1 Pictures。
ほか、脚本に倉田英之、キャラクターデザイン・作画監督に石浜真史、音楽には池頼広らをはじめ、現在のアニメーション界をリードする気鋭のクリエイターが集結。「ストーリー」「映像」「音楽」・・・アニメーションの魅力をすべて詰め込んだ完全オリジナル長編。
監督:舛成孝二
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン・作画監督:石浜真史
音楽:池 頼広
原作:ベサメムーチョ
制作:A-1 Pictures
製作:「宇宙ショーへようこそ」製作委員会
配給:アニプレックス
(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」製作委員会
『宇宙ショーへようこそ』
2010年 夏 全国公開
→『宇宙ショーへようこそ』の記事を探す
→アニメの記事を探す