MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『月に囚われた男』英国アカデミー賞 新人監督賞受賞!!

デヴィッド・ボウイの息子
ダンカン・ジョーンズ監督
英国アカデミー(BAFTA)賞
新人監督賞受賞!!
現地時間の2月21日、ロンドンで開催された英国アカデミー(BAFTA)賞にて、『月に囚われた男』のダンカン・ジョーンズ監督が見事、新人監督賞を獲得した。
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞新人監督賞受賞、ブリティッシュ・インディペンデントフィルム・アワード新人監督賞/作品賞受賞に続くビッグタイトルの受賞となり、デヴィッド・ボウイの息子という話題性だけの存在ではなく、映画監督としての才能が本物であることが証明される結果となった。
大の親日家として知られるデヴィッド・ボウイの息子であるダンカン・ジョーンズは、子供だった1970年代に父親と一緒に何回も来日し、その影響で日本文化に強い影響を受けたと語る。数年前にはプライベートの旅行で東京を訪れ、「東京の街が大好き。いつか東京に住んでみたい」というほど。


また、自身を“オタク”と呼び、黒澤明監督、北野監督作品が大好きで、攻殻機動隊AKIRAエヴァンゲリオンなどのSFアニメの大ファンでもある。
今回の受賞について、「ありがとう!!まさか受賞するとは思ってなかった。本当にうれしい。僕の大好きな日本のみんなが、今回の受賞でこの作品に興味を持ってくらたらうれしい」とコメントした。
デヴィッド・ボウイも、映画監督としての息子を応援しており、本作が出品されたサンダンス映画祭、トライベッカ映画祭にも駆けつけ「自分の息子をすごく誇りに思う」とコメントしている。今回、ボウイ父子の生まれ故郷であるイギリスの最高峰の映画賞、英国アカデミー賞の受賞とあって、その喜びもひとしおだろう。
ダンカン・ジョーンズ 〈監督/脚本〉 プロフィール
1971年、イギリス生まれ。父親は伝説のロック・スター、デヴィッド・ボウイ。母親は、ローリング・ストーンズの名曲「アンジー」のモデルとなったアンジェラ・バーネット。両親の離婚後は父親ボウイのもとで育てられたため、幼少の頃から父親に多大な影響を受ける。トニー・スコット監督のワイルドカム・オペレーターとして業界でのキャリアをスタートさせたのち、コマーシャル監督として有名なウォルター・スターンのもとで経験を積み、コンピューター・ゲーム業界にも一時期身を置いた。低予算のミュージック・ビデオをしばらく手がけたのち、広告業界の第一人者トレヴァー・ビーティに見出され、トップクリエイターのひとりとして注目される。2009年、長編映画監督デビューとなる本作で数々の新人監督賞を受賞。次回作は、ジェイク・ギレンホール主演の『Source Code』が決定している。
●作品情報
新人監督賞を総なめ! デヴィッド・ボウイの息子、ダンカン・ジョーンズの監督デビュー作!
<月>の裏側で、たった一人、美しくも残酷な運命をたどる男の物語
近未来。地球に必要なエネルギー源を採掘するため月にたった一人派遣させられた男、サム。会社との契約期間は3年。地球との直接通信は不可。話相手は1台の人口知能ロボットだけ。そして任務終了まで2週間をきり愛する妻子が待つ地球へ帰る日が迫った時、突然幻覚が見え始めサムの周りで奇妙な出来事が起こり始める。なぜ自分しかいないはずの月に、自分と同じ顔の人間がいるんだ? なぜ俺は地球に戻れないんだ? そしてなぜ俺は??。
監督のダンカン・ジョーンズは、ナショナル・ボード・オブ・レビューの新人監督賞を始め、BIFAでも新人監督賞と作品賞のダブル受賞を果たすなど、数々の賞に輝き華々しいデビューを飾った。そして、閉鎖された月を舞台にした一人劇という難役に抜擢されたのは『フロスト×ニクソン』で実力を見せ付けたサム・ロックウェル。ロボットの声でケヴィン・スペイシーが参加していることも話題を呼んでいる。
監督:ダンカン・ジョーンズ
出演:サム・ロックウェル、ケヴィン・スペイシー(声の出演)
原題:MOON
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『月に囚われた男』
4月10日(土)、恵比寿ガーデンシネマほか全国ロードショー
→『月に囚われた男』の記事を探す