MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『恋するベーカリー』ブレックファスト会見開催レポート

『恋するベーカリー』
ブレックファスト会見開催レポート
2月19日(金)より公開の『恋するベーカリー』。
“最高の笑顔になれる”作品にちなみ、常に前向きで笑顔の似合う女性の梅宮アンナさんと、どんな時も娘を側で支え続けるお母さまのクラウディアさんをお迎えして、映画『恋するベーカリー』×「PAUL」×梅宮さん母娘プロデュースによる“恋するベーカリー特別限定セット”お披露目ブレックファスト・イベントを行いました。女性として母親として迷いながらも自分の幸せを探す主人公ジェーンに共感頂いたお二人に、ご自身の経験や感想などを交えてお話いただきました。


また今回の特別限定セットのご協力と、イベント会場となった「PAUL」は、幅広い女性たちから大人気のフランスの老舗ベーカリー。発表された“恋するベーカリー特別限定セット”は、2月18日より連日10:30から全国19店舗にて各30個限定発売です。当日は朝早い取材ということもあり、お集まりいただいたマスコミの方にはパンとコーヒーをご用意し、 “恋するベーカリー特別限定セット”のお土産付き。映画の舞台となっているベーカリーの温かな雰囲気の会見となりました。
●会見の様子
Q:今回、梅宮さんお二人には世界的に人気のベーカリーPAULさんと、『恋するベーカリー』特別セットをプロデュースされたんですよね。こちらのセットにこめた思いをお聞かせいただけますか。
アンナさん:映画にも出てくるNO1のパン、“パン・ショコラ”を中心にしたセットになりました。“パン・ショコラ”はとても人気のあるパンですので皆さんに喜んでいただけると思います。
Q:映画をご覧になった感想はいかがですか?
アンナさん:ジェーンが好きな人を思い、家族や子供たちのことを思っているところに共感できました。映画の中に出てくるインテリアもとても素敵ですし、キッチンもおしゃれであこがれます。
クラウディアさん:すごくおもしろかったです。久々に映画を観て笑いました。歳をとっても恋愛できるのは素晴らしいことです。
Q:メリル・ストリープ演じる主人公のジェーンは、人気ベーカリーを経営する自立した女性という傍ら、揺れる女心に悩む、とてもかわいらしい女性です。そんなジェーンをご覧になっていかがですか?
アンナさん:離婚してから色々なことが起こる、という話は共感できます。私も一度終わったことを振り返って考えたこともありますし。
クラウディアさん:ジェーンは私から見てもかわいくてとてもセクシーな女性だと思いました。
Q:映画の中ではジェーンが元夫ともう一度恋に落ちたときに、自分の気持ちと子供達の気持ちで心揺れてしまいます。アンナさんはどのような決断をしますか?
アンナさん:私ももしかしたらもう一度やり直せるかも、と思ったことがあります。時間が解決することってあると思うので、あの時はできなかったけど、今ならできるということは誰にでもありますよね。
Q:男性がこの映画を観て、日頃の妻への見方が変わったなどの意見が寄せられています。だんな様であり、お父様の梅宮辰夫さんに薦めるとしたらどのようなことをお伝えしますか?
クラウディアさん:ぜひ観て欲しいですね。男性はもっと女性に優しくなれるんじゃないかしら。
アンナさん:女性は本当に共感できることろが多いと思うのですが、男性にもぜひ観てもらいたいです。出てくる人達全員の真の気持ちが表現されていたし、男性も共感できると思います。パパが観たら、料理をすごくこだわる人なので、キッチンに注目しそうだな、と思います。
Q:クラウディアさんはメリル・ストリープと同様、同世代の女性の憧れの存在です。同世代の方へとアンナさん世代の方へ、ぜひこの映画を通して感じられたことでのメッセージをいただけますか?
クラウディアさん:人生に前向きになれます。離婚したから終わりと言うわけではないですからね。
Q:これから映画をご覧になる方にアンナさんからメッセージをお願いします。
アンナさん:自分が共感できる部分がとても多かったですが、様々な人の感情がとてもリアルに描かれていて、とても勇気づけられました。私もジェーンの生き方を見習って前向きに生きていけたらと思います。
●作品概要>
人気ベーカリーの女性経営者ジェーンが、日々の様々な出来事に悩まされながらも、仕事、家族、友人との関係を通して、身も心も自立し、自分らしい幸せな人生を手に入れてゆく、心温まる物語。演出は『ホリデイ』『恋愛適齢期』で<自分らしさ>を大切にする女性に夢と希望を与え続けるハリウッドを代表する女性監督、ナンシー・マイヤーズ。主演は、アカデミー賞(R)2度受賞のメリル・ストリープ。共演は、2010年のアカデミー賞(R)授賞式で、異例のダブル司会に決定した話題のふたり、アレック・ボールドウィンとスティーブ・マーティン。この豪華スタッフ&キャストたちの創り出す笑顔と涙、そして幸せいっぱいの物語は、観る者全ての心を温かく満たしてくれます!
●ストーリー
ジェーン(メリル・ストリープ)は、ニューヨークタイムズ紙で全米No.1の評価を得た大人気ベーカリー経営者であり、立派に3人の子供を育て上げた母親。10年前に敏腕弁護士のジェイク(アレック・ボールドウィン)と別れ、シングルライフを子供たちや友人たちと満喫していた。
でも、何か心満たされない日々…。春のある日、NYの高級ホテルに滞在中、バーで運命のいたずらが!? なんと元夫ジェイクの姿。ふたりは、久々の純真なディナーを楽しんでいるつもりだったが、思わぬ事態に…。女性として、母親として身の振り方に迷いながらも前向きに生きようとする彼女の幸せさがしが始まった!
監督:ナンシー・マイヤーズ(『ホリデイ』、『恋愛適齢期』、『ハート・オブ・ウーマン』
出演:メリル・ストリープ(『マンマ・ミーア!』)、アレック・ボールドウィン(『私の中のあなた』)、スティーブ・マーティン(『ピンクパンサー』
2009年/アメリカ/2時間
配給:東宝東和
(C)2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『恋するベーカリー』
2010年2月19日(金)TOHOシネマズ日劇他全国ロードショー
→『恋するベーカリー』の記事を探す
→メリル・ストリープの記事を探す