MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2010年 映画『時をかける少女』公開記念 時かけ映画祭 開催!

2010年 映画『時をかける少女』公開記念
時かけ映画祭 開催!
時を超えて愛されてきた『時をかける少女』 3作品を一挙上映!
3月13日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーする2010年版『時をかける少女』の公開を記念して、「時かけ映画祭」の開催が決定いたしました!
原田知世さん主演、大林宣彦監督の1983年版、そして2006年公開の細田 守監督による長編アニメーション版、そして新たなストーリーとヒロインで製作された最新作の3作品を、2月27日(土)新宿ピカデリーにて一挙上映いたします。
当日は、豪華ゲストを迎えてのトークショーやプレミアグッズのプレゼント抽選会など、イベントも開催。往年のファンはもちろん、これまで知らなかったという世代の方も、この映画祭で『時をかける少女』の魅力をご堪能ください!


●時かけ映画祭
『時をかける少女』原作:筒井康隆(角川文庫、角川つばさ文庫)
3作品 一挙上映!
2月27日(土)
開場:15:00 開演:15:30
会場:新宿ピカデリー 料金:4,500円(税込)
・ゲストトーク 登壇予定者
筒井康隆さん、大林宣彦監督、谷口正晃監督、仲 里依紗さん
・スケジュール
15:30~16:10 ゲストトーク
16:15~18:00 1983年版『時をかける少女』上映(104分)
18:15~19:55 2006年版『時をかける少女』上映(98分)
20:00~20:15 プレミアグッズがあたるプレゼント大抽選会
20:30~22:35 2010年版『時をかける少女』上映(122分)
・注意事項
※ゲスト登壇者に関しましては、予告なく変更になる場合がございますのであらかじめご了承ください。
※転売を目的としたご購入は固くお断りいたします。
※場内でのカメラ(携帯カメラを含む)、ビデオによる撮影・録音等は固くお断りいたします。
※いかなる事情が生じましても、ご購入、お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
『時をかける少女』1983年
大林宣彦監督作品
出演:原田知世 高柳良一 尾美としのり
脚本:剣持亘
撮影:坂本善尚
主題歌:「時をかける少女」
作詞・作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆
歌:原田知世
(c)1983角川映画
『時をかける少女』2006年
細田 守監督作品
出演:仲 里依紗 石田卓也
脚本:奥寺佐渡子
キャラクターデザイン:貞本義行
主題歌:「ガーネット」奥 華子
(C)『時をかける少女』製作委員会2006
『時をかける少女』2010年
谷口正晃監督作品
出演:仲 里依紗 中尾明慶 安田成美
脚本:菅野友恵
撮影:上野彰吾
主題歌:「ノスタルジア」
挿入歌:「時をかける少女」いきものがかり(Epic Records Japan)
(C)映画『時をかける少女』製作委員会2010
●チケット購入に関して
当イベントの鑑賞券は、チケットぴあにて販売いたします。
購入方法は下記をご確認ください。
・〈ぴあカード会員限定〉 いち早プレリザーブ
http://t.pia.jp/cinema/cinema.html
申込受付期間:2月13日(土)AM11:00~2月18日(木)AM11:00
抽選結果発表:2月18日(木)
・プレリザーブ
申込受付期間:2月15日(月)AM11:00~2月19日(金)AM11:00
抽選結果発表:2月19日(金)
※チケットのお申込は、お一人様2枚までとさせていただきます。
※前売券からのお引換はできませんのでご注意ください。チケット当選後の変更・払戻はいたしかねます。予めご了承ください。
・一般発売
お近くのチケットぴあのお店、下記のコンビニ、もしくは電話予約、インターネットでお求めいただけます。
2月20日(土)AM10:00一般販売開始  料金:4,500円均一(税込・全席指定)
Pコード:556-225
・直接購入
チケットぴあのお店:営業時間10:00~20:00(営業時間は店舗によって異なります)
ファミリーマート:営業時間10:00~23:30
サークルKサンクス:営業時間7:00~23:30(発売初日は10:00~)
・電話予約 音声認識予約 TEL0570-02-9999
・インターネット購入 @ぴあ電子チケットぴあ http://t.pia.jp/cinema/cinema.html
※チケットのお申込は、お一人様2枚までとさせていただきます。
※前売券からのお引換はできませんのでご注意ください。
チケットぴあのお問い合わせは TEL:0570-02-9111 または http://www.pia.co.jp/までお願いします。
●映画『時をかける少女』
記憶は消えても、この想いは消えない。
時を越えて、今、新たな物語がはじまる。
1967年の原作小説の発表以来、半世紀近くにわたり多くの人々を魅了してきた「時をかける少女」。
今回のヒロイン・芳山あかりに抜擢されたのは、大ヒット作『サマーウォーズ』を手掛けた細田守が監督したアニメ版『時をかける少女』で主人公の声を演じた若手実力派女優・仲 里依紗。
高校卒業を目前に控えた芳山あかりは、母・和子(安田成美)が薬学者として勤める大学にも無事合格し、新たな生活に胸を弾ませていた。ところが、和子が交通事故に遭い、事態は一転。
「過去に戻って、深町一夫に会わなくては…」と必死に訴えながら昏睡状態に陥った母の願いを叶えるため、和子が開発した薬を使って1970年代にタイム・リープすることを決心する。時空を飛び越えたあかりは、過去の世界に到着。偶然出会った映画監督志望の大学生・涼太(中尾明慶)とともに深町一夫探しを始める。四畳半一間のアパートに同居し、涼太の映画製作を手伝ううちに、やがてあかりは涼太に恋心を抱き始めるが・・・。
これまでの「時をかける少女」ファンの心をときめかせ、原作を知らない世代の心もせつない感動に包みこむ、新たな物語がはじまる。
出演:仲 里依紗 中尾明慶 安田成美 青木崇高 石橋杏奈 千代將太 柄本時生 キタキマユ 松下優也 勝村政信 石丸幹二
原作:筒井康隆「時をかける少女」(角川文庫、角川つばさ文庫)
監督:谷口正晃
脚本:菅野友恵
歌:いきものがかり(主題歌「ノスタルジア」挿入歌「時をかける少女」Epic Records Japan)
配給:スタイルジャム
(C)映画「時をかける少女」製作委員会2010
『時をかける少女』
2010年3月13日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『時をかける少女』の記事を探す