MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』(原題:9)公開決定!

『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』邦題・公開決定のお知らせ
『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』のティム・バートンが贈る新感覚ファンタジー『9』の邦題及び公開が決定しました。
邦題は『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』、公開は5月8日(土)より新宿ピカデリーほか全国ロードショーとなります。
「これまでの人生で見た映像の中で、最高の11分間だった」by ティム・バートン


2005年、アカデミー賞(R)短編アニメーション部門にノミネートされた11分の作品。
新人監督シェーン・アッカーによる『9』は、そのオリジナリティ溢れるキャラクター造型とエキサイティングな映像で世界中の目を釘付けにした。この短編に惚れ込んだティム・バートンは、すぐさま長編映画化を決定。
プロデューサーとして全面的なバックアップにあたる。それから5年。ティムを唸らせるほどのダークでファンタジックなディテールと、アクションシークエンスが融合し、かつてない新感覚のファンタジーが誕生した。
●ストーリー
人類は何故滅びたの? そして僕は、何のために生まれたの?
古びた研究室の片隅で、麻布を縫い合わせて作られた奇妙な人形が目を覚ました。腹部には大きなジッパー、背中には数字の“9”が描かれている。自分は誰なのか、ここはどこなのか、彼にはわからない。
恐る恐る外を見ると、見渡す限りの廃墟が広がっていた。
人類はなぜ滅びたのか。彼は何のために作られたのか。
戦いの中で次第に明らかになっていく謎。未だ見ぬ黙示録が今、幕を開ける―。
原案・監督:シェーン・アッカー(アカデミー賞(R)短編アニメーション賞ノミネート)
製作:ジム・レムリー『ウォンテッド』、ティム・バートン『チャーリーとチョコレート工場』、『アリス・イン・ワンダーランド』
ティムール・ベクマンベトフ『ウォンテッド』
キャスト(声):イライジャ・ウッド、ジョン・C.ライリー、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー
配給:ギャガ Powered by ヒューマックスシネマ
(c) 2009 FOCUS FEATURES LLC.ALL RIGHTS RESERVED.
『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』
5月8日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~』の記事を探す
→ティム・バートンの記事を探す