MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『猿ロック THE MOVIE』豊国神社にて大ヒット祈願!!

2月27日公開映画『猿ロック THE MOVIE』(配給:S・D・P/ショウゲート)の大ヒットを祈願するイベントが大阪・豊国神社にて行われました。
主人公の天才カギ師・猿丸耶太郎(通称:“サル”)を演じる市原隼人が“サル”こと天下人・豊臣秀吉公が奉祀されている大阪城敷地内の豊国神社にて天下統一を目指し大ヒットを祈願いたしました。
市原隼人(22)が、25日、大阪城敷地内にある豊国神社で2月27日公開の主演映画『猿ロック THE MOVIE』のヒット祈願を行った。
市原が演じるのは主人公の天才カギ師・猿丸耶太郎(通称・サル)。豊国神社は、“サル”こと天下人・豊臣秀吉が奉祀されているということで、袴姿で登場。小雨の降る悪天候の中、ファン350名が集まった。


お祓いでは、タイトルロゴをカギの形にかたどった、特大カギを奉納。お祓い後、参道を歩く市原に少しでも近づこうと、ロープを超えるファンが続出。ファンにもみくちゃにされ、大混乱。
一時、イベントが中断するトラブルも起こるほどの熱狂ぶり。
大阪の印象を聞かれ、「猿ロックも下町で展開していくストーリーなんですけど、大阪も下町で似ている部分があると思いました。」と。
衣装について聞かれると、「こういう神聖な場所でお祈りさせていただくので、きちんとした格好で来たいと思い、自分からお願いしました。」と。
撮影の時、いつもテンションが高かったと聞きましたが、今日のテンションはいかがですか?という質問に、「今日はハイテンションです。撮影がすべて終わって、これからが新たなスタートだと思ってます。ぜひ皆さんに見ていただきたいです。」
最後に「本当の正義は何か見つめていく映画です。本当に世の中、何が良くて何が悪いか分からなくなっていて。でも何か一つだけ、みんなが共通して肩を組んで笑えることがあるんだと追及している映画です。本当に真っ直ぐな映画」とアピール。秀吉同様、『猿ロック THE MOVIE』で天下統一を目指す。
1月20日には、ドラマ「猿ロック」のDVD-BOXが発売された。来月2月4日には、東京都内で完成披露試写会が行われる予定。
『猿ロック THE MOVIE』
サルこと猿丸耶太郎(市原隼人)は、下町の商店街の天才カギ師。彼の弱点は女にはとにかく目がないこと。ある日、マユミと名乗る美女(比嘉愛未)の依頼でスポーツクラブの金庫を開ける事に。彼女は記憶障害で番号を忘れたというのだ。金庫の鍵を開けると、そこには先日銀行から盗まれたトランクが!
何も知らずに取り出すと、何故かヤクザが追ってくる。そこでサルはマユミを守ることを約束する。しかし、トランクの中には警察の権威に関わるデータが入っていたのだ。データ流出を防ごうと二人を追う江戸川警察署署長・水樹(小西真奈美)。このままでは、サルが指名手配!? いったいこの女は何者? どうなるサル! それでも、約束を守れるのか?
出演:市原隼人 比嘉愛未 高岡蒼甫 芦名星 渡部豪太 和田聰宏
光石研/西村雅彦/國村隼/小西真奈美
原作:芹沢直樹 「猿ロック」(講談社ヤンマガKC刊)
監督:前田哲
制作プロダクション:ROBOT
製作:「猿ロック」製作委員会
配給:S・D・P/ショウゲート
(C)2010「猿ロック」製作委員会
『猿ロック THE MOVIE』
2010年2月27日(土)全国ロードショー
→『猿ロック THE MOVIE』の記事を探す