MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『オーシャンズ』日本語版完成披露試写会イベント

ドキュメンタリー史上最大の製作費70億!
1月22日より公開される映画『オーシャンズ』の日本語版完成披露試写会が行われ、ナビゲーターを務める宮沢りえが舞台挨拶し、テーマソングを歌う平原綾香&藤澤ノリマサが、700人の観客を前に、生歌を初披露いたしました。
●映画『オーシャンズ』日本語版 完成披露試写会 イベント
日程:1月12日(火)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7
登壇者:宮沢りえ(36)『オーシャンズ』ナビゲーターとして、日本語版ナレーション担当。
平原綾香(25)& 藤澤ノリマサ(26)日本語版テーマソングを担当。
平原綾香&藤澤ノリマサの「Sailing my life」の熱唱でイベントはスタート!!
2人のダイナミックな歌唱に会場は大興奮に包まれました。その後ナビゲーターの宮沢りえが登場して3人が「なりたい海の生き物」をイラストつきで披露するなど、和やかな雰囲気でトークは進みました。そして、最後にペンギンの着ぐるみを着た子供たちが、本物のケープペンギン(6歳、女の子)と花束ゲストとして登場。登壇者3人に花束を渡すと温かい拍手が沸き起こりました。


●宮沢りえ コメント
黒のシックなドレスで登場!!
完成披露や初日など、皆さんに初めて見ていただく日は、ドキドキします。
でも、『オーシャンズ』はすばらしい映画なので今日は胸をはってここに立っています。
(平原&藤澤の生歌を聞いた感想を聞かれて)二人の声が重なりがすばらしくて胸がズキズキしました。「感動の頂点へようこそ」(予告のナレーション)と言いたくなりました。東京国際映画祭で監督にお会いしたとき「(ナレーションに関して)思いのまま自由にやってほしい」と言われたので、映像の邪魔をしないようにバランスをとることを心がけました。セイウチの親子のシーンが慈愛にあふれていて素敵でした。この映画を見ているとこの地球には未知の世界がまだまだあったんだと思うことができます。
(「海の生き物に生まれ変わるなら」という質問には)「波」になりたいです。ときに激しくときにおだやかないろいろな海にいける波になりたいです。去年は出産を経験して、今までになかった時間がスタートしました。今年は母になった反動というわけではないですが、仕事では安定を求めるのではなく、挑戦し続ける躍動の年にしたいです。
●平原綾香 コメント
白と黒の背中が大胆に開いたドレスで登場!!
今日は「Sailing my life」を皆さんの前で初めて披露しました。デュエットは初めてだったのですが、携帯でノリちゃんとメールをやりとりしながら歌詞を作りました。この映画は自分も海の生き物になった気分になる不思議な映画です。
私は海の生き物になるならイルカがいいです。音で会話するイルカは海のミュージシャンだと思っています。今年の抱負は、去年に引き続きクラシックのカバーアルバムを出す予定なので、クラシックを大切に歌っていきたいです。
●藤澤ノリマサ コメント>
『オーシャンズ』を見て力強くて時にはおだやかなところがドイツのベートーヴェンにピッタリだと思い「悲愴」を選びました。映画をみて僕は人生を感じました。僕はペンギンになりたいです。小さい頃、ペンギンに似ているって言われていたんですよ(笑)今日は本物のペンギンに会えると思っていなかったのでびっくりです。(藤澤さんの可愛らしいペンギンのイラストに場内からは笑いが巻き起こりました)
●オーシャンズ×TOHOシネマズ
映画『オーシャンズ』は1月24日の日曜日、グリーン電力で上映します。
TOHOシネマズは2.3万kWh(※1)相当のグリーン電力をエナジーグリーンを通じて購入。
10.4tのCO2を削減。(※2)TOHOシネマズの35劇場を対象としています。
また、この度1月12日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた、日本語版完成披露試写会も、グリーン電力で上映いたしました。(※3)
この試みは、2010年1月22日(金)公開予定の映画『オーシャンズ』とTOHOシネマズが2008年より実施している「グリーンサンデーキャンペーン」と映画『オーシャンズ』公開を記念したコラボレーション展開となります。
※ 1.使用するグリーン電力
風力発電/11,000kWh(北海道石狩市/市民風車) バイオマス発電/12,000kWh(兵庫パルプ工業株式会社谷川工場発電所) 計 グリーン電力量:23,000 kWh
※ 2.CO2削減量は CO2排出係数:0.453 kg-CO2/kWh (電気事業連合会2007年度)を使用。
※ 3.使用するグリーン電力量1,000kWh
●グリーン電力について
「グリーン電力証書」・・・・グリーン電力の環境付加価値(化石燃料削減、CO2排出量削減)を切り離して証書化し、取引できるようにしたもの。
発行するためには、第三者機関であるグリーンエネルギー認証センターからの認証を受ける必要がある。
需要家が一定のプレミアムを払って証書を購入することで、グリーン電力を利用したとみなされ、広く社会に向けて公表できる。
なお、証書の購入代金は、グリーン電力の発電所での発電の維持などに役立てられる。
●オーシャンズ トピックス
子供500円キャンペーン実施決定、1月22日~3月5日の期間、小人料金(子供料金)の対象者に限り“500円”でご鑑賞頂けます。(保護者同伴にてご鑑賞される場合に限り。一部劇場除く)
日本でも10月に名古屋でCOP15が開催されることで注目が集まっているが、国連主催の生物多様性のキックオフイベント(1月25日実施)で、映画『オーシャンズ』が上映されることが決まった。
宮沢りえさん版ナレーションを務める日本語版は、全国300館規模で公開を予定。
日本が世界最速の公開!
(日本が1月22日、製作国のフランスは1月27日、アメリカは4月)
日本語版テーマソング:平原綾香&藤澤ノリマサ「Sailing my life」(ドリーミュージック・)は、平原&藤澤(ポップ・オペラの貴公子)による初デュエット曲。今回選ばれたクラシック楽曲はベートーベンの「悲愴」で、歌詞は二人が本作のために書き下ろした。
●作品概要
製作費70億円、構想10年、撮影期間4年間、世界50ヶ所、撮影70回、そして100種の生命たち-
最新の映像機材で捉えた奇跡の瞬間が、圧倒的な迫力で見る者すべてを神秘の深海へと誘い込む。北極海から南極海、優雅なサンゴ礁から荒れ狂う氷の海へ。
『WATARIDORI』のジャック・ペラン監督が、海と、海に生きる命の輝きを、圧倒的なスケール、スピード、迫力で描き切る! 美しく、壮大な海と命を描くドキュメンタリー・プロジェクト。
『オーシャンズ』
2010年1月22日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
→『オーシャンズ』の記事を探す
→宮沢りえの記事を探す