MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ナインティナイン岡村『てぃだかんかん』超特報、劇場上映開始

ナインティナインの岡村隆史がムービースターに!?
『てぃだかんかん』
超特報(32秒)映像公開
世界初“サンゴ礁再生”の奇跡に向かって夢を追いかけたふたりの感動実話
岡村隆史×松雪泰子×李闘士男監督(『デトロイト・メタル・シティ』)で完全映画化
2010年G.W.に公開の映画『てぃだかんかん』ですが、この度32秒の特報が完成いたしました。
お茶の間で圧倒的な認知度を持つ岡村さんが、一切の「お笑い」を封印し、本格的に「ムービースター」岡村隆史として出演している本作。超特報の中では、劇中の映像もおりまぜながら、楽屋でマネージャーに本作に対する意気込みを熱く語る岡村さんの姿にぜひ、ご注目ください!


この超特報は、新宿バルト9ほか全国のティ・ジョイ系13劇場にて、下記の通り展開します。
劇場での映像開始日:12月26日(土)~
上映劇場:新宿バルト9ほか全国のティ・ジョイ系13劇場にて
※新宿バルト9では、すべてのスクリーンで、映画上映前に放映します。
※新宿以外の劇場では館内モニター等で展開します。
※上映劇場はhttp://www.t-joy.net/記載劇場になります。
映像タイム:32秒
●ストーリー
これは──
夢に向かってまっすぐに走る男とキラキラした彼を見守る妻の10年を描いた真実の物語
子供のころから海の生き物にしか興味のなかった金城健司(岡村隆史)は、幼なじみの由莉(松雪泰子)との結婚を決意し、故郷である沖縄に帰ってきた。母・幸恵(原田美枝子)の大反対を押し切り結婚し子供にも恵まれ、なんとかレストラン事業を軌道に乗せた矢先、あろうことか金城は「店を全部やめて、サンゴを再生する」と仲間たちに宣言する。
久しぶりに潜った沖縄の海は、開発や温暖化の影響を受け悲鳴をあげていた。海の生き物の多くが棲息するサンゴ礁は30年前に比べて90%も死滅していたのだ。「あの美しかったサンゴの海をもう一度愛する由莉に見せてやりたい」その一心で立ちあがった金城は、サンゴを養殖し、海に移植するという大胆で途方もない作業に挑む。
しかし、専門知識も資金もないサンゴ移植活動はけっして順風満帆なものではなかった。試行錯誤の移植技術、学会からのバッシング、産卵の失敗、莫大な借金、開発業者からの甘い囁き……いくつもの困難を乗り越えられたのは、彼を信じて疑わない、愛する妻と家族、そして仲間たちの存在があったからだ。
監督:李闘士男『デトロイト・メタル・シティ』、『ボックス!』
脚本:鈴木聡「瞳(NHKテレビ連続小説)」/林民夫『フィッシュストーリー』『奈緒子』
プロデューサー:春名慶『世界の中心で、愛をさけぶ』『いま、会いにゆきます』『県庁の星』/藤原恵美子
出演:岡村隆史 松雪泰子  吉沢悠 /國村隼/ 長澤まさみ(友情出演) 渡部篤郎(特別出演) 原田美枝子
制作プロダクション:リーライダーす
(C)2010『てぃだかんかん』製作委員会
『てぃだかんかん』
2010年G.W.全国ロードショー
→『てぃだかんかん』の記事を探す
→ナインティナインの記事を探す