MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『オーケストラ!』(原題:Le Concert)2010年GW公開決定!

映画『オーケストラ!』(原題:Le Concert)邦題・公開決定のお知らせ
『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』を抑えパリでオープニングNo.1興収!
圧倒的満足度で全仏大ヒット!
GW、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座他にて公開となります、『Le Concert(原題)』の邦題、および公開が決定しました。
本作の公開はGW、Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座他にて全国順次ロードショーとなります。邦題は『オーケストラ!』に決定しました。


●ストーリー
モーツァルト、チャイコフスキーの名曲に乗せて贈る
寄せ集めオーケストラが巻き起こした、ある奇跡の物語-
ロシア・ボリショイ交響楽団で劇場清掃員として働く、さえない中年男アンドレ。
そんな彼だが、かつては栄えあるボリショイオーケストラで主席をつとめた天才指揮者だった。
共産主義時代、“ユダヤ主義者と人民の敵”と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだ。
そんなある日、清掃中にアンドレは、1枚のFAXを目にする。
それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラ を2週間以内に見つけたいという内容のものだった。
FAXを見た瞬間、アンドレは正気の沙汰とは思えない、とんでもないことを思いつく。それは彼と同じく、いまや落ちぶれてしまった、かつてのオーケストラ仲間を集め、偽の楽団を結成し、ボリショイの代表としてこのコンサートに出場するというものだった!タクシー運転手、蚤の市業者、ポルノ映画の効果音担当・・・モスクワの片隅でかろうじて生計をたてていたかつての仲間たちを説得にまわるアンドレ、やがて・・・。
クラシック名曲のオーケストラ演奏に乗せて贈る、寄せ集めオーケストラが巻き起こす奇跡の物語。沸き起こる拍手に温かい涙が溢れる、笑って、元気をくれる感動作がいよいよ日本上陸!
監督:ラデュ・ミヘイレアニュ『約束の旅路』
出演:アレクセイ・グシュコブ、メラニー・ロラン『イングロリアス・バスターズ』、フランソワ・ベルレアン『トランスポーター』シリーズ
2009年/フランス映画/カラー
提供:ギャガ×アスミック・エース エンタテインメント
配給:ギャガ
(c)2009 – Les Productions du Tresor
『オーケストラ!』
2010年G.W Bunkamuraル・シネマ、シネスイッチ銀座他 全国順次ロードショー
→『オーケストラ!』の記事を探す
→フランス映画の記事を探す