MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

Vol.67 『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』

宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック 交響曲ヤマト2009マスコミ試写にて『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』観賞。ちょうど今日開催の完成披露試写会のチケットも当選していたのですが、そちらは子どもに譲りました。もう一つのエンディングについてはとりあえず話を聞きましたが……どちらが採用されるのか? 私はとりあえず公開予定バージョンのほうがいいと思うのですが。
完成披露試写では西崎さんの挨拶、ささきいさおによる「真っ赤なスカーフ」熱唱など盛りだくさんのイベントだったようです。そこで配られたヤマトクルー認定証はいくつかパターンがあるようですね。ECI任命とコスモパルサー隊配属を入手しました。他はどんなものがあるんだろう?
この『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』は、作るという情報だけが何回も何回も報道されていながら、なかなか確実な情報が出てこなかった作品。その間も著作権に関する裁判やらいろいろあって、本当にやるんだろうか?という感じではありましたが、ようやく日の目を見たというところでしょうか。


以前『さらば宇宙戦艦ヤマト』のときにも書きましたが、ヤマトの物語自体は第2作で終了。その後は別作品としてとらえています。というのはやはり、ご都合主義的な、物語としての破綻を受け入れられないからです。続けるために映画と違うラストとなったテレビシリーズ、毎年のように未知の異星人から攻撃を受け危機に瀕する地球、死んだと思われていた沖田艦長の復活など、ちょっとひどいなぁと。なので別な作品と考えればいいかという感じ。
ということで、今回も特に期待もせずに観たわけですが……わかりました。あのヤマトが宇宙を飛んでいる新しい映像が観られる、これだけでやっぱりうれしいんですね。パチンコのCMを見たときもそうでしたが、あっなんだかんだいいながら、ヤマトのことが好きなんだということに気づいてしまいました。うーん、思うつぼにはまっているというか(^_^;)
今作は、前作の『宇宙戦艦ヤマト 完結編』から26年の時間が経過しており、そこに少し不安もありました。その間、様々な新しい映画を観ているし、技術も格段に進歩している。それらをヤマトが吸収・進化できるのだろうか? 21世紀の映像としてのヤマトはいったいどのようになるのか……これがなかなかの出来。おなじみのスキャットが流れ、映し出された宇宙空間の奥行きがすごかった。1980年代には実現できなかった映像、カメラアングル、スピード感。その映像には、まったく新しい命を吹き込まれたヤマトがありました。
板野サーカスまではいきませんが、CGによる戦闘シーンも臨場感ありましたし、手書きだったころに比べて圧倒的なスピードと物量で展開され、技術の進化を目の当たりにしましたね。アクエリアスの残骸から発進するヤマトの映像を観るだけで鳥肌もの。ヤマトが宇宙に飛び立つ、これだけで十分満足?(^_^;)
昔からのファンにとっては懐かしい「無限に広がる大宇宙。」というナレーションから始まり、ブルーノアは出てくるわ、雪が乗った船はアンドロメダみたいだったし、古代だけ昔の制服で、なんとコスモゼロまで出てくるし……くすぐり方も絶妙でしたね。それでいて、初めて観る人もまったく問題がない作りになっているあたりは評価できます。
ただそのために完結編のラスト部分が劇中に出てくるんですが……いやぁ勇気あるなぁと(^_^;) 1980年代では最先端をいっていた映像ではありましたが、さすがに今の画と比べると古くささを感じる。それを取り込んだというのがすごいことしたなぁという感じです。
例の裁判に関係か、今回は松本色を完全に排除しようとしているように見えました。ヤマトの第一艦橋も、レイアウトはほとんど変わりませんが、半球型のレーダーや、歯車みたいな装飾の計器、いかついレバー類などはいっさいなし。コンピュータ・携帯時代を進化させたアウトプットシステムに変更されていました。とはいえ、さすがにアナライザーはいじれなかったらしく、昔のデザインのままでしたが。
マイナス点としては、これまでになく説教くさい部分があることでしょうか。ゴジラの最後のほうの作品もそうでしたが、メッセージをセリフで伝えようとするのはアニメや特撮ではマイナスだと思います。そういうものはストーリーや画で伝えてほしいんですよね。
あとは……歌かなぁ。ヤマトのテーマは昔のほうがよかった気がします。新しく録り直さないといけない理由はないと思いますし、昔のまま使ってくれればよかったのになぁ。BGMはオリジナルスコアがところどころで使われていたのがよかったですね。コスモパルサーの出撃シーンではコスモタイガーのテーマ曲でしたし、思わず、おっ?と思ってしまうところがあちらこちらにありました。
上映時間2時間10分強。あっという間に終わってしまう感じでした。もう1回、大きなスクリーンで観てもいいかも知れない……。
この『宇宙戦艦ヤマト 復活篇』は12月12日から全国ロードショーです。
→『宇宙戦艦ヤマト』の記事を探す
→アニメの記事を探す


宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック
宇宙戦艦ヤマト復活篇オリジナルサウンドトラック 日本フィルハーモニー交響楽団

Amazonで詳しく見る by G-Tools