MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』全米初登場1位!

『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
全米初登場1位!
<全米興行収入 速報!!>
なんと、公開3日間だけで1億4283万ドル=約127億円
(※1ドル=89円計算)
『スター・ウォーズ』『ハリー・ポッター』『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズをも凌ぐ公開初日 歴代興収1位!! 記録づくめの超メガヒットスタート!
全世界でメガヒットし、日本でも熱狂的ファンを生み出している『トワイライト~初恋~』待望の続編、『ニュームーン/トワイライト・サーガ』(クリス・ワイツ監督、11月28日公開)が全米4,024のスクリーンにて公開され、公開3日間の興行収入が1億4283万ドル(約127億円)となり、初登場1位の超メガヒットスタートを記録しました。
この数字は2位以下の『2012』などに1億ドルの大差をつけただけでなく、『スター・ウォーズ』、『ハリー・ポッター』、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなど全てを上回る、全米歴代3位のスタートとなります。※BOX OFFICE MOJO調べ


また、初日のみの全米興行収入では7,270万ドル(約64億7千万円)を記録。『ダークナイト』(6,716万ドル)を上回り、全米歴代1位となりました!!
もちろん、2009年公開作品の『トランスフォーマー/リベンジ』『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を凌ぐ、No.1スタートとなり、1千万ドル以上の大差をつけております。
また、全米だけでなく、この勢いは全世界に飛び火。ヨーロッパでは、11月18日(水)より公開されイギリスは歴代2位のオープニングで1,770万ドルを記録、フランスでは190万人の観客を集め1,700万ドルを達成。オーストラリアでも『ハリー・ポッター』シリーズを超え、歴代1位の興行収入を記録するなど、世界中でメガヒットを記録。すでに公開中の全米以外の累計24ヵ国5日間累計で、1億1181万ドル(約99億5千万円)の興行収入を達成しております。この数字は107カ国で公開中の『2012』(1億0050万ドル)を、5日間で超えたことになります。(※全米配給会社サミットの発表による)
全米興行関係者の最新予想では、3億ドル~3億2,500万ドルといった最終興収を予想されており、まさに全世界的な社会現象ともよべる『ニュームーン/トワイライト・サーガ』。
日本ではいよいよ11月28日(土)より新宿ピカデリー他、全国にてロードショーとなります。
『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
記録づくめのメガヒットスタート!!
ミッドナイト興行1位、初日興収歴代1位、公開週末全米初登場1位、
前売券販売歴代1位、週末3日間の売上歴代3位!!
●全米興行収入 初日ランキング ※BOX OFFICE MOJO 調べ
数ある超大作を退き、『ニュームーン』歴代No.1作品に!!
1 ニュームーン/トワイライト・サーガ(2009)  7,270万ドル
2 ダークナイト(2008)  6,716万ドル
3 トランスフォーマー/リベンジ(2009)  6,201万ドル
4 スパイダーマン3(2007)  5,984万ドル
5 ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009)  5,817万ドル
6 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006)  5,583万ドル
7 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)  5,001万ドル
8 X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006)  4,510万ドル
0 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007)  4,423万ドル
10 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007)  4,291万ドル
45 2012(2009)  2,344万ドル
●全米初登場1位。2位との差は1億ドル以上の大差に!!
全米週末興行収入ランキング 11/20(金)~11/22(日) ※BOX OFFICE MOJO 調べ
2位に1億ドル(約89億円)の差を付け初登場No.1に!!
1 ニュームーン/トワイライト・サーガ  1億4283万ドル
2 The Blind Side(原題)  3,451万ドル
3 2012  2,650万ドル
4 Planet 51(原題)  1,260万ドル
5 クリスマス・キャロル  1,223万ドル
6 PRECIOUS:BASED ON THE NOVEL “PUSH” BY SAPPHIRE(原題)  1,100万ドル
7 The Men Who Stare at Goats  277万ドル
8 Couples Retreat  195万ドル
9 The 4th Kind フォース・カインド  173万ドル
10 Law Abiding Citizen  161万ドル
●全米週末興行ランキング、歴代3位!!
『ハリー・ポッター』シリーズ、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ、『スター・ウォーズ』シリーズを越えの歴代No.3!! もちろん、本年公開作品としても文句なしのNo.1作品です。
全米興行収入 公開3日間興行成績 歴代ランキング
 ※BOX OFFICE MOJO 調べ
『ニュームーン』本年度No1超メガヒット 歴代3位のロケットスタート
1 ダークナイト(2008)  1億5841万ドル
2 スパイダーマン3(2007)  1億5111万ドル
3 ニュームーン/トワイライト・サーガ(2009)  1億4283万ドル
4 パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006) 1億3563万ドル
5 シュレック3(2007)  1億2162万ドル
6 スパイダーマン(2002)  1億1473万ドル
7 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007)1億1473万ドル
8 トランスフォーマー/リベンジ(2009)  1億0896万ドル
9 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005)  1億0843万ドル
10 シュレック2(2004)  1億0803万ドル
24 ハリー・ポッターと謎のプリンス(2009)7,783万ドル
●『ハリー・ポッターと謎のプリンス』を超え、歴代1位のミッドナイト上映記録を達成!!
11月20日(金)深夜0時から全米3,514のスクリーンにてミッドナイト上映が行われ、興行収入2,627万ドルを記録した。
これは、過去最高を記録していた『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(3,003スクリーン、約2,220万ドル)を超え、歴代1位のミッドナイト上映記録となる。
●『スター・ウォーズ』、『ハリー・ポッター』シリーズを凌ぎ、歴代1位の前売券売上!!
公開前の前売券販売数は『ダークナイト』、『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』を抜いて、史上歴代1位を記録しています。
(オンライン・チケットセールス最大手のファンダンゴ調べ)
『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
全世界待望のスペクタクル・ラブ・ファンタジー
禁じられた恋人、ヴァンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)から告げられた突然の別れ。傷ついたベラ(クリステン・スチュワート)を見守る幼馴染のジェイコブ(テイラー・ロートナー)の眼差しは、やがて恋心へと変化していく。そして彼もまた、人には言えない秘密を抱えていた。ベラを執拗に追い続ける敵ヴァンパイアの影。そして舞台は、最古のヴァンパイア・ヴォルトゥーリ族が住むイタリアへと繋がっていく───。
キャスト:
クリステン・スチュワート『パニック・ルーム』『イントゥ・ザ・ワイルド』、ロバート・パティンソン 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』、テイラー・ロートナー『トワイライト~初恋~』、ダコタ・ファニング『宇宙戦争』『I am Sam アイ・アム・サム』、マイケル・シーン『クィーン』
スタッフ:
原作:ステファニー・メイヤー著 「トワイライトII」(ヴィレッジブックス刊)
監督:クリス・ワイツ『ライラの冒険/黄金の羅針盤』
●興行収入だけでない、ここまで凄い 『トワイライト』シリーズ伝説
(1)マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』よりも凄い!!
前作は、全米初登場1位! 全世界で380億円の超メガ・ヒット!! さらにDVDは発売1週間の間にアメリカ国内だけで700万枚を突破! そして本作『ニュームーン』の予告を見るためだけに、映画館に足を運ぶファンも。アメリカでは、予告がかかる作品の興行収入が1-2億上がるという異例の事態が起きました。さらに本作前売り券の売り上げは、なんとあの、映画『マイケル・ジャクソンTHIS IS IT』の前売り券の総額をわずか数時間で超えた(ドイツ)という驚異の記録を樹立しています!
(2)原作「トワイライト」シリーズ、累計8,500万冊突破!
本国アメリカでは『ハリー・ポッター』シリーズに次ぐ大ベストセラーで、10代の少女を中心に絶大な人気を誇っています。書籍ランキングで、ベスト4全ての作品が「トワイライト」シリーズで埋めつくされるという史上初の快挙も遂げました!
(3)異例の事態!?「トワイライト」人気になんと軍も出動!
『ニュームーン』主演のクリステン・スチュワート、テイラー・ロートナーが、ブラジルで行われたプレスツアーに参加した際、二人が宿泊するホテルに、なんと2000人ものファンが殺到!!!
暴動鎮圧の為、軍が出動してしまうという異例の大騒動が勃発しました!
(4)サウンドトラック、全米アルバムチャート第1位!
昨年発売の前作『トワイライト』サウンドトラックは全米初登場1位。全世界で350万枚以上の大ヒット! サウンドスキャン史上、最高の初登場位を記録したデジタル・アルバムで、発売直後、ビルボードのアルバムチャートに45週連続でエントリーしました! サウンドトラック作品及びその続編が、ビルボードアルバム・チャートで2作連続1位獲得したのは今回が史上初の快挙! 音楽部門でも大注目を集めています。
(5)あの、オバマ大統領も注目!!
流行に敏感と言われるオバマ大統領。娘マリアと一緒に「トワイライト」シリーズを読んでいるとの記事がアメリカ「USWEEKLY」に掲載されました。10歳の娘・マリアとは、本を通じて親子の交流をしており、「ハリーポッター」シリーズも二人で読み終えたそう。
全米で大人気の「トワイライト」シリーズに愛娘がハマリ、次いでオバマ大統領自身も、その物語の魅力にすっかり惹きこまれてしまったようです!!
(6)日本でも、「トワイライター」続出!!
前作『トワイライト~初恋~』公開時には、なんと、20回以上劇場に足を運ぶファンが続出しました! 他に類をみない「中毒性のある映画」として、女性を中心に大いなる盛り上がりを見せ、さらにDVD発売日当日には、前日夜中から列に並ぶファンが続出。また、キャスト来日時開催のファンミーティングでも、なんと50人以上ものファンが、寒空の中、徹夜で列をなしました! 熱烈トワイライターたちは、本作『ニュームーン』でも、さらなる広がりと盛り上がりを見せます!
『ニュームーン/トワイライト・サーガ』
11月28日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
→『ニュームーン』の記事を探す
→『トワイライト』の記事を探す