MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』初日決定!

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』12月26日(土)
Bunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテ他全国順次 初日決定のお知らせ
18歳で即位し、英国を最強の国家に導いた若き女王。その愛と真実の物語。
七つの海を支配し、イギリスを「太陽の沈まぬ国」と呼ばれる最強国家に押し上げたヴィクトリア女王と、その夫アルバートの愛を描く『ヴィクトリア女王 世紀の愛』の初日が決定しました。
本作の公開は12月26日(土)より、Bunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショーとなります。


●ストーリー
19世紀、イギリスを最強国家に導いた若き女王ヴィクトリア。
その愛と真実の物語。
七つの海を支配し、イギリスを最強の国家にしたヴィクトリア女王。黄金期を夫婦で支え続けた女王とアルバート公は、19世紀当時から今もずっと、史上最高の理想のカップルとして語り継がれている。しかし、真の絆を結ぶまで、ふたりは数々の波乱と困難を乗り越えなければならなかった。母親との確執、王室の権力争い、国民の暴動、そしてついにヴィクトリアに放たれる一発の銃弾―。本作はこの世に存在すること自体が奇跡のようなピュアな愛が、幾多の嵐にもまれながら、強く大きく育っていく姿を描く。私たちはまだまだ底が深いイギリス王室の秘密に驚きながら、知られざる情熱的なヴィクトリア女王に心奪われるだろう。
製作:マーティン・スコセッシ
監督:ジャン=マルク・ヴァレ
脚本:ジュリアン・フェロウズ『ゴスフォード・パーク』アカデミー賞受賞
衣装:サンディ・パウエル『恋におちたシェイクスピア』アカデミー賞受賞
出演:エミリー・ブラント『プラダを着た悪魔』/ルパート・フレンド『プライドと偏見』/ポール・ベタニー『ダ・ヴィンチ・コード』/ミランダ・リチャードソン『オペラ座の怪人』
原題:THE YOUNG VICTORIA/2009年/104分/イギリス・アメリカ合作/カラー/シネスコ/ドルビーデジタル 字幕翻訳:古田由紀子
配給:ギャガ
(c) 2008 GK Films, LLC All Rights Reserved
『ヴィクトリア女王 世紀の愛』
12月26日(土)、Bunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテ他全国順次ロードショー
→『ヴィクトリア女王 世紀の愛』の記事を探す
→マーティン・スコセッシの記事を探す