MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ペネロペ・クルス×アルモドバル監督『抱擁のかけら』公開日決定

ペネロペ・クルス×ペドロ・アルモドバル監督
『抱擁のかけら』
2月6日(土)公開決定
巨匠アルモドバル監督の新境地。
究極の人生讃歌。愛こそが人生を再生させる──
ペドロ・アルモドバル監督最新作、ペネロペ・クルス主演『抱擁のかけら』の公開が2010年2月6日新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショーすることが決定しました。
『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール<帰郷>』の女性讃歌三部作で、世界中を魅了したスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督。待望の最新作で彼は、<究極の愛>の全貌─誕生から崩壊、そして再生までを描ききった。人は何度挫折や破壊を繰り返しても立ち上がることができる。これはそんな人生の素晴らしさを謳いあげる、アルモドバル流の人生讃歌の傑作です。


主演はアカデミー賞に輝く世界のミューズ、ペネロペ・クルス。「この脚本は、私の人生の中で読んだ最高のもの。複雑で大胆で、最初から最後まで驚きに満ちている」と絶賛する彼女が、監督との絶大な信頼関係によって創り上げた、濃密な世界は圧巻。愛すること、愛されること、成功することーその全てを手に入れたいと願う、女の中の女を圧倒的な演技力と存在感で魅せています。
●ストーリー
欲望と裏切りが引き起こした事件により、生涯をかけた愛、視力、そして人生までも失ったハリー・ケインは、過去を封印し、名前を変えて違う人生を生きてきた。事件の謎を握る男との再会をきっかけに、ハリーは再び愛と向き合う。
14年前、ハリーはマテオの名前で映画監督として活躍、女優を夢見る女性レナと出逢う。
二人はひと目で恋に落ちるが、レナには富と権力で彼女を支配するパトロン、エルネストがいた。マテオとの出逢いで、愛に目覚め、女優として生きる喜びを知ったレナ。しかし行き過ぎた愛が、二人を引き裂く事件を引き起こす。ハリーは愛を辿り、愛のかけらをつなぎあわせることで、事件の裏に隠された真実を知る。魂揺さぶる、その真実とは─。
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル(『オール・アバウト・マイ・マザー』、『ボルベール<帰郷>』
出演:ペネロペ・クルス『ボルベール<帰郷>』、『それでも恋するバルセロナ』、ルイス・オマール『バッド・エデュケーション』、ブランカ・ポルティージョ『ボルベール<帰郷>』
2009年/スペイン/スペイン語/128分/カラー/7巻/シネスコ/SRD・SR/PG-12
原題:LOS ABRAZOS ROTOS
日本語字幕:松浦美奈
提供:松竹・ショウゲート・朝日新聞社
配給:松竹
(c)EL DESEO,D.A.,S.L.U. M-2535-2009
『抱擁のかけら』
2010年2月6日新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
→『抱擁のかけら』の記事を探す
→ペネロペ・クルスの記事を探す