MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『2012』北米初登場1位! 地球規模の大ヒット!

『2012』北米初登場1位!
海外オープニング成績歴代1位※
史上最大のディザスター映画! 地球規模の大ヒット!
※続編をのぞく
ローランド・エメリッヒ監督『2012』(読み:にせんじゅうに)は、11月13日(金)~15日(日)3日間の週末、3404館で北米公開となり、6500万ドル(約58億5000万円、1ドル=90円計算)の興行収入をあげ、北米初登場1位を獲得しました。
これは、ディザスター映画の歴代2位(ちなみに歴代1位は同監督の『デイ・アフター・トゥモロー』の6874万ドル)。ローランド・エメリッヒ監督作としても『デイ・アフター・トゥモロー』に続いて歴代2位。ディザスター映画の巨匠・エメリッヒ監督が、またしてもメガヒットを送り出したことになります。


北米をのぞく海外160テリトリー、1万2865スクリーンでも公開スタートとなり、1億6000万ドルをあげ、海外成績でも初登場1位となりました。これは、なんと海外のオープニ
ング成績歴代1位!(続編をのぞく) 続編を入れた海外オープニング成績でも歴代5位。全世界成績は2億2500万ドルで、まさに地球規模の大ヒットとなっております。[成績は米MOVIELINE調べ]
映画公開直前には、本作テーマである「2012年地球滅亡説」に関して、NASAへの問い合わせが急増しNASAが異例の声明を発表したり、マヤ族の長老へのマスコミからの問い合わせが殺到するなど、注目度の高さもうかがえます。
このような地球規模での大ブームの中、本作『2012』の日本公開は、11月20日(金)に前夜祭実施後、11月21日(土)、丸の内ルーブルほか全国超拡大お正月公開となります。また、11月17日(火)には本作キャスト・スタッフが来日してのジャパン・プレミアを開催いたします。ぜひ、ご期待ください!
●「全世界興行収入でTSUNAMI(津波)を巻き起こすだろう。」米ヴァラエティ
●「米NASAに一般の人々から<2012年地球滅亡説>の真偽の問い合わせ数が数千にも及んだ。」ナショナル・ジオグラフィック
●「世界の終末が2時間半のジェット・コースターになり、罪深さや後ろめたさが感じられるほど楽しい。」スクリーン・インターナショナル
●「2億6000万ドルと言われている凄い製作費をかけた本作で、たった数ドルの映画のチケットを購入した観客に対して、監督は最高に凄い経験を体験させてくれる。」エンパイア・マガジン(オーストラリア)
●作品情報
2012年12月21日 全世界60億人が直面する、世界終末の日。その時、あなたは?
イエローストーン国立公園。子供たちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男チャーリー(ウディ・ハレルソン)から“地球の滅亡”が訪れることを知らされる。さらに、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し限られた人間だけを脱出させる準備に着手しているという。初めは信じなかったジャクソンだったが、ロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し…。そして、アメリカ全土へと拡大する、大地震、大津波、大噴火。別れた妻・ケイト(アマンダ・ピート)と二人の子供を守るため、ジャクソンは家族と共に巨大船がある地を目指す。しかし、彼ら一家を追うように、未曾有の大天災が次々と地球を呑み込んでいく─。
出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、キウェテル・イジョフォー
監督:ローランド・エメリッヒ
脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー
原題:2012
上映時間:2時間38分
製作年度:2009年 アメリカ映画
全米公開:2009年11月13日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『2012』
11月20日(金) 前夜祭開催(一部劇場除く)
11月21日(土) 丸の内ルーブルほか全国ロードショー
→『2012』の記事を探す
→エメリッヒの記事を探す