MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ブラッド・ピット製作総指揮『50歳の恋愛白書』邦題&公開決定!

『50歳の恋愛白書』邦題&公開決定!!
2010年2月より、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
この度、『The Private Lives of Pippa Lee』の邦題が『50歳の恋愛白書』決定しました。公開は2010年2月より、TOHOシネマズみゆき座 ほか全国ロードショーとなります。
●ストーリー
大人たちよ、まちがった恋をしよう。
誰もが羨む「理想の妻」。でも、型にはまりすぎて退屈な日々。
「夫が浮気をした。しかも、私の親友と。これって何?」
「娘から嫌われている。もう、誰も私のことを必要としてないの?」
「20歳も年下の彼と出会った。居心地が良くてなんだか惹かれる。この気持ちって、一体―?」
豪華なキャスト&スタッフで贈る、悩める大人たちの、恋と、人生の物語。


ピッパ・リー、50歳。
年上のベストセラー作家ハーブとの“結婚”を手に入れて、2人の子供を育て、完璧な妻を30年近く演じてきた。
でも、そんな自分を取り巻くのは、浮気な夫、どうしようもない親友、反発的な娘・・・。
誰もが「理想の妻」として羨む彼女だったが、日々感じるのは型にはまった退屈な自分。
だが、20歳年下のクリスとの不思議な出会いによって、ピッパは変わっていく自分を感じる。
今までの自分を捨てて、新しい自分を始めるために―。
いくつになっても、人は恋をしてしまうもの。
悩める大人たちが手にするハッピーエンドは、今の幸せか、それとも、その先にある新しい未来か?
製作総指揮のブラッド・ピットをはじめ、出演陣にもロビン・ライト・ペン、キアヌ・リーブス、モニカ・ベルッチ、ウィノナ・ライダー、ジュリアン・ムーア、アカデミー賞俳優アラン・アーキンなど、今をときめくハリウッド実力派スターたちが豪華に大集結!さらに、若き日のピッパ役には、テレビドラマ「ゴシップガール」で絶大な人気を誇るブレイク・ライヴリーが抜擢されている。
ベルリン国際映画祭やトロント国際映画祭など数々の世界各国の映画祭で上映されたこの作品は、アメリカでも公開前から多くの批評家が「2009年秋冬に見逃してはいけない映画」のひとつに挙げているほどの注目作!!
ロビン・ライト・ペン キアヌ・リーブス ウィノナ・ライダー ブレイク・ライヴリ モニカ・ベルッチ ジュリアン・ムーア アラン・アーキン マリア・ベロ 他
監督・脚本:レベッカ・ミラー『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』
製作総指揮:ブラッド・ピット
原作:レベッカ・ミラー「The Private Lives of Pippa Lee」
配給:ギャガ powered by ヒューマックスシネマ
(c)Lam Duc Hien,Photographer
(c)Central Films Sarl,Morena Films SL,BetterWide Limited,Lumiere International limited,LBF10Limite.2009,Studio Canal,All Rights Reserved.
原題:The Private Lives of Pippa Lee/2009年/アメリカ/98分/ビスタ/カラー/ドルビーSR・デジタル/字幕翻訳 松岡葉子
『50歳の恋愛白書』
2010年2月より、TOHOシネマズみゆき座ほか全国ロードショー
→『50歳の恋愛白書』の記事を探す
→ブラッド・ピットの記事を探す