MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

仲 里依紗主演 2010年版『時をかける少女』完成

仲 里依紗 主演最新作
2010年版『時をかける少女』
完成のご案内
SF短編小説として生み出されてから45年間に渡って幾度となく映像化・映画化され、時代と世代を超えて、多くの人々を魅了してきた名作「時をかける少女」が、「原作発表当時の感動を今の世代にも伝えたい!」という製作陣の想いが実を結び、今、新たな物語として生まれ変わり、誕生しました!
本作のヒロインは、原作の主人公・芳山和子の一人娘、芳山あかり。2010年に生きる彼女が、入院中の母に代わって、1970年代にタイム・リープ。その目的はただひとつ──昏睡状態に陥った母の初恋の人・深町一夫に出会うため…。若き日の母と、幼い頃に別れたきりの父との意外な青春時代。そして、深町探しに協力する大学生・涼太の存在。
ケータイもメールもない時代に生きるさまざまな人々との出会いを通して成長していくあかりの青春が瑞々しく、きらきらと描かれています。


芳山あかりを演じるのは『純喫茶磯辺』『サマーウォーズ』『パンドラの匣』など、若手演技派女優として注目されている仲 里依紗。アニメ版でも主人公の声を担当した彼女が、今度は実写版の主人公を等身大で演じる。彼女が恋に落ちる大学生・涼太を、『ROOKIES』の中尾明慶が、そして安田成美(『歓喜の歌』)が母・芳山和子を演じている。また、元劇団四季の看板俳優・石丸幹二が映画初出演を果たしている。
監督はこれまで滝田洋二郎、根岸吉太郎、井筒和幸、篠原哲雄など、さまざまな監督の下で助監督を務め、本編が長編映画初監督作となる谷口正晃。最新VFX技術によるタイム・リープや1970年代の街並みを再現すると同時に、繊細かつ確かな演出力を発揮している。
これまでの「時をかける少女」ファンの心をときめかせると同時に、原作を知らない世代の心にも強く響く、良質の青春映画に仕上げている。
本作は2009年3月24日(火)~4月30日(木)に撮影され、10月に完成。
2010年3月、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国ロードショー
●主演:仲 里依紗コメント
アニメ版「時をかける少女」の主人公の声を演じ、素晴らしい作品に出会うことができたとうれしく思っていました。今度は、声だけでなく、自分自身がスクリーンに映ることができることになり、「時をかける少女」というブランドを背負うことができるのか、すごく不安でしたが、一生懸命時をかけました。歴代の「時をかける少女」のファンの方もまた新たに楽しめる作品になったと思います。是非たくさんの方に観ていただきたいです。
●監督:谷口正晃コメント
世代を超えたたくさんのファンに愛し続けられている作品なので、恐れ多い仕事に取り組む責任を感じていました。そしてタイム・リープが題材という、リアリズムだけでは押せない物語とどのように向き合っていくか、という不安もありました。でも、作品の核として大切なのは、芳山あかりが18歳の春に体験した、かけがえのない数日間をどれだけ瑞々しく描ききるかにあるとわかった瞬間、体当たりでぶつかっていこうと思いました。
●プロデューサー:一志順夫(EPICレコードジャパン)コメント
「時をかける少女」にある、”少女の成長物語”という普遍的なメッセージは、若い世代から50代まで、幅広い年齢層の心に訴えかけるものがある作品になりうると思った。
時代が変わっているように、女の子も変化しています。歴代の「時をかける少女」がその時代時代を体現しているのだとしたら、仲さんはまさに「2010年の時をかける少女」を見事に演じてくれました。
●スタッフ・キャスト
出演:仲 里依紗 中尾明慶 安田成美 青木崇高 石橋杏奈 千代將太 柄本時生 キタキマユ 松下優也 / 勝村政信  石丸幹二
原作:筒井康隆(「時をかける少女」(角川文庫、角川つばさ文庫)
監督:谷口正晃
脚本:菅野友恵
撮影:上野彰吾
照明:赤津淳一
美術:舩木愛子
(c)映画「時をかける少女」製作委員会2010
『時をかける少女』
2010年3月ヒューマントラストシネマ渋谷、シネカノン有楽町1丁目ほか全国ロードショー
→『時をかける少女』の記事を探す
→仲里依紗の記事を探す