MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ペネロペ・クルス主演『抱擁のかけら』公開・邦題決定のご案内

巨匠ペドロ・アルモドバルの新たなる挑戦
 ─それは、究極の愛の再生
『抱擁のかけら』公開・邦題決定のご案内
ペネロペ・クルスの最高の演技を得て、
ペドロ・アルモドバル監督が挑む新たなる〈愛〉の物語──
ペドロ・アルモドバル監督最新作、ペネロペ・クルス主演『抱擁のかけら』(英題:BROKEN EMBRACES)を2010年正月第二弾に新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショーすることが決定しました。


『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール<帰郷>』の女性讃歌三部作で、世界中の女性たちのハートをつかんだスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督。全世界待望の最新作では、新たなる愛の物語に挑みました。
欲望と裏切りが引き起こした事件で愛、そして人生を奪われた男女。あれから14年、事件の謎を握る男との再会をきっかけに、腕に刻まれた温かな抱擁のかけらだけを頼りに、男は再び愛と向き合う……。
「この脚本は、私の人生の中で読んだ最高のもの。複雑で大胆で、最初から最後まで驚きに満ちている」と語るペネロペ・クルスの最高の演技を得て、男と女の愛の全貌──甘く美しい過去、無残に破壊された今、鮮やかに再生する未来─を描ききったアルモドバル。
愛すること、愛されること、女優として成功すること全てを手に入れたいという、女の中の女を圧倒的な演技力で魅せるクルス。二人は、本作で次のステージに進んだ。
●ストーリー
14年前に起きた凄惨な事故で視覚を同時に失った男(ルイス・オマール)
事故の前、彼には2つの名前があった。映画監督時代に名乗っていた本名のマテオ・ブランコと、現在の執筆業のペンネームであるハリー・ケインだ。ハリーは、事故の後映画監督マテオである自分を捨て、人生をかけて愛した女性レナ(ペネロペ・クルス)のことも封印した。
或る夜、昔なじみで彼の世話人を勤めるジュディット(ブランカ・ポルティージョ)の息子が、事故に遭う。病室で彼の看病をすることになったハリーは、お伽話をするように自分の過去を語り始める・・・。それは、運命という名の嫉妬と欲望に翻弄された愛に狂った男女の切なくも激しい愛の物語だった──。
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル(『オール・アバウト・マイ・マザー』、『ボルベール<帰郷>』
出演:ペネロペ・クルス『ボルベール<帰郷>』、『それでも恋するバルセロナ』、 ルイス・オマール『バッド・エデュケーション』、ブランカ・ポルティージョ『ボルベール<帰郷>』
2009年/スペイン/スペイン語/128分/カラー/7巻/シネスコ/SRD・SR/PG-12
原題:LOS ABRAZOS ROTOS
日本語字幕:松浦美奈
提供:松竹・ショウゲート・朝日新聞社
配給:松竹
(c)EL DESEO,D.A.,S.L.U. M-2535-2009
『抱擁のかけら』
2010年正月第二弾新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
→『抱擁のかけら』の記事を探す
→ペネロペ・クルスの記事を探す