MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『南極料理人』阿部義晴さん(ユニコーン)×沖田修一監督 爆笑トークイベント

『南極料理人』満員御礼企画!
阿部義晴さん(ユニコーン)×沖田修一監督
爆笑トークイベントのご報告
テアトル新宿ほか、全国公開中の『南極料理人』。大ヒットを記念して、9月13日(日)テアトル新宿にて、本作で音楽を担当したユニコーンの阿部義晴さんと沖田修一監督のスペシャルトークイベントを開催しました。
今回、初の映画音楽を手がけた阿部さんの制作秘話を直接聞ける、ということで前売りチケットは販売と同時に完売。遠くは博多からファンが駆けつけました。
また、特別に阿部さんのサイン入り「南極料理人」サウンドトラック、99枚を発売。このことを阿部さん本人から告知された瞬間、会場からは大歓声と拍手が沸き起こり、イベント終了と同時に長蛇の列ができるなど、大盛況のトークイベントとなりました。


――今回、阿部さんに音楽をお願いした経緯を教えてください。
沖田修一監督(以下、監督):まずはユニコーンの再結成が一番大きかったです。大ファンなのでびっくりしました。
男8人の男臭い映画なので、ユニコーンにお願いできたら最高だな、と。更に、阿部さんに音楽をやっていただけたら…と、どんどん夢が膨らんでいきました。
――今回のオファーを受けてどのように思われましたか? また、初対面の印象は?
阿部義晴さん(以下、阿部):映画音楽に興味がありました。原作本があると聞いて、ヤフオクで落として読んだら、面白そうだな、と(笑)。それで、お引き受けしました。
監督:網走ロケの前日に初めて阿部さんにお会いしたのですが、心の中がぐちゃぐちゃのままだったので、つい「一緒に網走に行きませんか?」と言ってしまい、大笑いされました。移動の車中で何度も、「ユニコーンの阿部さんに会うんだよね」とプロデューサーに確認していました。
阿部:監督はロケ前でまだ悩んでいる感じでしたよね。あの頃に比べるとだいぶマスコミ慣れしてきて、いい感じにギラギラしてますよ、今は(笑)。
――映画音楽を作っていく過程で苦労した点、思いで話などを教えてください。
阿部:メインテーマと、家族への想い・郷愁感のある曲、という2つのテーマをいただいて、あとは任せていただきました。ツアーの合間にデモテープを作りました。「南極」という寒いところのお話なので、反対に南国風が良いかな、と。あと、ブルース・リーの映画を観た後は、みんな強そうになっているじゃないですか! あんな感じで、『南極料理人』を観た後、口笛を吹いて帰って欲しいな、と思って作りました。
それから「隊員」という言葉から「行進」もイメージしました。
監督:いただいたデモテープがすごくドンピシャで びっくりしました。あっけにとられたまま進んでしまった(笑)。ひとつずつ音が重なる度に、隊員がどんどん増えていく感じがしました。
阿部:うまいこと言いますね(笑)。
映画というと「物語」があるじゃないですか。でも『南極料理人』はとにかく“淡々”と進んでいく。そこが面白い!…んだよね?
監督:僕の中では色々と起きていたんですけど…(笑)。
阿部:ツアー合間の作業だったので、思いついたことをその場でどんどんやりました。
監督:そのシーンにその音が付くのが、始めから決まっていたかのようなハマり方でした。
阿部:僕は音楽を作る時に、絵や風景が影響することが多いので、それが良かったのかもしれませんね。
●スタッフ・キャスト
出演:堺雅人、生瀬勝久、きたろう、高良健吾、西田尚美、豊原功補 ほか
監督・脚本:沖田修一(『鍋と友達』『このすばらしきせかい』)
原作:西村淳(「面白南極料理人」(新潮文庫・春風社刊)「面白南極料理人 笑う
食卓」(新潮文庫刊))
音楽:阿部義晴
主題歌:ユニコーン 「サラウンド」(キューンレコード)
フードスタイリスト:飯島奈美/榑谷孝子
製作:『南極料理人』製作委員会
企画・制作プロダクション:パレード
2009/日本/35mm/125分/アメリカンヴィスタ/カラー/DTSステレオ
(C)2009「南極料理人」製作委員会
『南極料理人』
好評公開中
→『南極料理人』の記事を探す
→ユニコーンの記事を探す