MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『よなよなペンギン』第66回ヴェネチア国際映画祭公式記者会見

日本アニメの歴史を創り続けてきたりんたろうが、ヴェネチアでお披露目!!
『よなよなペンギン』第66回ヴェネチア国際映画祭公式記者会見
日本とフランス、国境を越えて最高のクリエーターたちが集結し、世界中の親子に向けて発信する映像プロジェクト『よなよなペンギン』。──それは、ペンギンが大好きな少女ココと仲間たちのワクワクドキドキの物語。
精巧かつ丹念に創られた飛び出す絵本のように美しい世界と、玩具箱から飛び出してきたように楽しく動き回るキャラクターたち。『鉄腕アトム』『銀河鉄道999』『幻魔大戦』など、手塚アニメ以来、40年にわたり日本アニメの第一線で活躍してきたりんたろう監督が、『パプリカ』『サマーウォーズ』のマッドハウスと強力タッグを組み、夢見ることの価値、友達の大切さを思い起こさせる、この冬一番あたたかい奇跡の冒険ファンタジーを誕生させた!!
先日、日本時間9月12日(土)、イタリアのヴェネチアで行われている第66回ヴェネチア国際映画祭にて、公式記者会見を行いました。


出席者:
りんたろう監督(68歳)、丸山正雄企画プロデューサー(68歳)、デニス・フリードマン・プロデューサー(49歳)
「まるで絵本の世界が動き出したような映画、本来、子供の中にある“かわいらしさ”を描いた映画を作ろうと思った。」(原作・監督りんたろう)
日本アニメの歴史を創り続けてきたりんたろうが、世界の親子に贈る冒険ファンタジーを、ヴェネチアでお披露目!!
●りん:
今回、ヴェネチアの映画祭で僕の監督した作品が上映されて光栄に思ってます。
マッドハウス含め、全く新しいフルCGを作ろうとなりました。僕は45年間、2Dをやってきたけど、コンピュータの将来性、未来性を感じて、日本独特の2Dのテイストでどこまでできるのか挑戦してみたいと思った。少女がペンギンのコートを着ることで日常から非日常の世界へ行く。非常にシンプルに、でも動く絵本のような映画を作りたいと思いました。2Dアニメーションの世界は背景が重要なモチーフ。それが日本アニメの特徴。それをフルCGで、詳細に描くことで主人公の人物像も浮かび上がるんです。少女の目線で、同じ年代のザミー、ゴブリンにキャラクターを絞りました。絞った理由は、現在子供は、不自由な時代な中で生きていかなければいけない中にあるからです。
本来、子供の中にあるかわいらしい心は誰でも持っているはず。それを見せるためには、大人の社会を排除しなければならない。でも本当は親子の信頼関係があるから、自分の娘が夜中に街を徘徊していようが許しているし、恐らくココもお母さんの言うことをきいているんだと思います。そんな理想的な親子関係の世界を描きました。
僕は、小さい時からペンギンが好きなんです。身近にいるのは猫なんですが、本当はペンギンを一緒に飼いたいくらい。それと、飛べない鳥にも興味がありました。それで、少女を主人公にすることで、つながらないか?ペンギンのコートにすれば何とかなるか。
そんな発想です。
僕は妄想癖が強く、西洋絵画を紐解いてみたり、日本の文化を取り入れたり、普段から考えているんです。現実的な生活をしてますけど、頭の中は非現実的なんです。今回、ペンギンのコートを着るということで、自然と西洋や東洋が取り込めたと思います。僕はキリスト教ではないので宗教的にとらえてないが、西洋絵画のエンジェルはかわいいので、逆にザミーのようなワガママなキャラクター出してみたり、イギリスは妖精を作り出しましたが、その本を読んでゴブリンの面白さに気付いたり。ボーダレスで構成したのが今度の作品です。
●丸山:
監督とは前に『メトロポリス』を作ってます。結果日本は世界でその分野に立ち後れているので、僕らが先頭をきって挑戦すべきだと思いました。日本でフルCGで最初にやろうと企画したのは、これがたぶん最初。企画から10年、動き出して7年、現場で5年かかっています。これが日本の最初のCGアニメとして世界に羽ばたくものになったと思う。『メトロポリス』はその布石であったことは事実。
●デニス:
確かに、初めてのアニメの長編としては日仏最初の合作だと思います。最初の作品に参加でき、しかも「マッドハウス」と協力関係を築けてうれしいです。私たちは、仏の映画祭で知り合い、その時にりんたろう氏の作品を見て素晴らしいと思った。それで、このプロジェクトを進めていこうと思いました。りん監督の作業は大変だったし、文化の違いもありましたが、アニメとイメージの関係性を、日仏同じようにもっているとわかりあえたと思いますし、強力なチームワークを築けたと思います。お互い、素晴らしい作品を生み出そうという共通した意識があったので非常に高い作品が出来たと思います。
りんたろうさんには、ぜひともこの映画と共に世界を旅してほしい。
●りんたろう監督プロフィール
1941年生まれ、東京都出身。
1958年 東映動画入社。
1960年の手塚治虫の虫プロ設立に参加。
演出の原点とも言える『鉄腕アトム』(1963~1966/CX)を皮切りに、『ジャングル大帝』(1965~1966/CX)や『佐武と市捕物控』(1968)、『ムーミン』(1970)などでチーフディレクターを務めた。
虫プロを退社後、フリーの演出家として『アローエンブレム グランプリの鷹』『宇宙海賊キャプテンハーロック』などの監督を歴任し、『銀河鉄道999』(1979)で劇場用長編初監督を務める。
その後、角川映画のアニメ第1弾の『幻魔大戦』(1983)の監督に抜擢され、この時よりマッドハウスを拠点に『カムイの剣』(1985)、『火の鳥 鳳凰編』(1986)、『迷宮物語』(1987)、『劇場版X』(1996)などの監督を務める。
また、2001年に発表した『メトロポリス』(2001)では新たなアニメーションの世界を切り開いた。
卓越した演出力とビジュアルセンスで、日本を代表するアニメーション監督として世界的に知られている。
●ストーリー
世界規模のフルCGアニメーション大作誕生!!
この冬一番あたたかい、奇跡の冒険ファンタジー
ペンギンコートに身を包み、夜の街を“よなよな”歩き回る少女、ココ。
ペンギンが大好きなココは、ある日、道でペンギンのカプセルを拾います。その中から現れたフィギュアが突然動き始め、ココをペンギンストアの開店セールへ招待します。店に並ぶ色とりどりのペンギングッズに狂喜するココ。ところがそれは、ゴブリンの少年チャリーが、自分たちの住む地下世界にココを連れて行くためでした。空飛ぶペンギンソファに乗って、ゴブリン村に着いたココは、熱狂的な歓迎を受けるのです。“勇者・飛べない鳥”として……。
“勇者・飛べない鳥”とは何なのか?ゴブリン村で出会った、おデブのザミーの正体は? そして、ココとゴブリン村の運命は?今、ココと不思議な仲間たちの世界を救う大冒険が始まる!!
第66回ヴェネチア国際映画祭 特別招待作品
声の出演:森迫永依 田中麗奈 太田光(爆笑問題) 田中裕二(爆笑問題) 松本梨香 ダンディ坂野 ヒロシ 小島よしお 田中れいな(モーニング娘。) リンリン(モーニング娘。) 山寺宏一(友情出演) 高橋ジョージ 藤村俊二 柄本 明
原作・監督:りんたろう
キャラクターデザイン:寺田克也
脚本:金春智子
音楽:本多俊之
制作:マッドハウス+DFP
配給:松竹
主題歌:「アミーゴペンギン」ココ(森迫永依)とアミーゴペンギンズ 9月26日(土)VAPより発売
(c) 2009 りんたろう・マッドハウス/「よなよなペンギン」フィルムパートナーズ・DFP
『よなよなペンギン』
12月23日(水・祝)よりクリスマス・ロードショー!
→『よなよなペンギン』の記事を探す
→ヴェネチア国際映画祭の記事を探す