MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』綾瀬はるかユニセフ募金贈呈式

8月22日に公開された『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』。スタッフ全員で「だれかのかけがえのない思い出になるような映画を作りたい」と4年の歳月をかけて作り上げた本作、きっとこの夏、たくさんの人にとっての忘れられない1本となることでしょう。
そんな『ホッタラケの島』の鑑賞料の一部(入場者一人当たり10円)が、本年度のFNSチャリティキャンペーンの支援国であるシエラレオネ共和国に寄付されます。当チャリティは、放送事業としての公共的使命と社会的責任のもと、フジテレビ系列28局が国際貢献の一つとして立ち上げたものです。
多くの子供たちに夢を与え、人とのつながりの大切さを思い出されることを願う本作にとって、映画の枠を超えた遠い国の子供たちへの支援は、とても重要なことと考えます。
そして8月26日、東京・高輪にある日本ユニセフ協会にて、『ホッタラケの島』から日本ユニセフ協会に寄付金を贈呈するセレモニーを執り行いました。映画スタッフを代表して、主人公・遥の声を務めた女優・綾瀬はるかさんがセレモニーに出席。映画の公開を受けて、まず第一弾の寄付金として100万円を贈呈しました。
※FNSチャリティキャンペーンとは
フジテレビを中心とするFNS系列28のテレビ局が主催し、1974年にスタートしたキャンペーンで、35年にわたりユニセフを支援しています。『世界の子どもたちの笑顔のために』をメインテーマに掲げ、さまざまな形で活動を行っていて、年度ごとに支援国を定めて現地取材も行い、その現状を番組を通じて紹介し、募金を呼びかけています。


●コメント
綾瀬はるか
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』は、子供たちがドキドキワクワクするような冒険たっぷりの映画です。この作品の鑑賞料の一部が子供たちに寄付されるということを大変嬉しく思います。
夢や希望などが一番育まれる子どもの時期に死と隣り合わせに置かれている、というシエラレオネの状況に、心が痛みました。鑑賞料が少しでも、子供たちに役立てばいいなと思います。
日本ユニセフ協会・専務理事 早水 研(はやみ・けん)
皆さまのご協力のお陰で、本日こういった形で目録を受け取りました。本当にありがとうございます。今回、支援国として選ばれたシエラレオネ共和国は大変厳しい状況にある国です。そこに生きる子どもたちのために募金を預かります。どうもありがとうございます。
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』を鑑賞する一人ひとりの行動が、シエラレオネ共和国の子どもたちの明日へ繋がるというのは、とても意義のあることだと思います。ぜひ、鑑賞される方々にこの意義をなんとかお伝えできたらと思います。
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』
8月22日(土)全国東宝系にて公開!!
→『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』の記事を探す