MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

「The Time Traveler’s Wife」邦題が『きみがぼくを見つけた日』に決定

秋に公開するラブ・ストーリー作品
「The Time Traveler’s Wife」の邦題が『きみがぼくを見つけた日』に決定しました。
キレイな心にしか見えないラブ・ストーリーを、あなたに。
この秋、一番泣けるラブ・ストーリー!
新星レイチェル・マクアダムス最新作!
●『きみがぼくを見つけた日』
主演:レイチェル・マクアダムス『きみに読む物語』、エリック・バナ『ミュンヘン』
監督:ロベルト・シュベンケ『フライトプラン』
公開:10月(予定)、丸の内ルーブル他全国公開


時空(とき)を彷徨い続ける男ヘンリー(エリック・バナ)と運命的出会いをした女クレア(レイチェル・マクアダムス)の愛の物語。
全世界で大ベストセラーとなった純愛小説「きみがぼくを見つけた日」を、『ゴースト/ニューヨークの幻』のブルース・ジョエル・ルービンが脚色。
今、全米を涙で包んで大ヒット中の話題作。
『きみがぼくを見つけた日』
10月、丸の内ルーブル他全国公開
→『きみがぼくを見つけた日』の記事を探す