MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

反転した公式サイト『ホッタラケの島』ミラーサイトオープン!!

「あなたが子供のころに大切にしていた宝物は、いまどこにありますか?」
忘れ去られた宝物=“ホッタラケ”にされた宝物でできた、不思議な島に迷い込んだ遥(はるか)と、その島の住人であるきつね(?)テオの冒険ストーリー『ホッタラケの島~遥と魔法の鏡~』がこの夏公開します。
実はこの作品の公式サイトとは別に、物語のカギである「鏡」に因んで、密かに“ミラーサイト”がオープンしました。文字通り公式サイトの鏡のような存在で、一見公式サイトと瓜二つのトップページですが、よく見ると全てが反転!!
映画の宣伝の様子や、出来上がった作品の紹介をする「表」の公式サイトに対し、ミラーサイトはまさに、アニメーション制作や宣伝の裏側を惜しげもなく晒し出したサイトです。制作過程のラフスケッチや、ボツになって日の目を見るはずのなかった様々なデザイン案など、Production I.G作品やアニメーションのファンが大満足するコンテンツから、ダウンロードして簡単に楽しめる素材まで、どんどんアップされていく予定です。夏休みの自由研究に『ホッタラケの島』の制作をレポートにまとめる… なんてこともできてしまうかも!?


映画『ホッタラケの島』の制作において“ホッタラケ”になってしまったたくさんのアイディアの原石でできたミラーサイト。入口は公式サイトのトップページに隠されています。キーワードはタイトルにもある○○○…。
入口を見つけてぜひ一度サイト内を探検してみてください!
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』
公式サイト:http://hottarake.jp/
●『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』
あなたの忘れてしまったモノがこの島にあります。
●イントロダクション
子供の頃、大切にしていた宝物は、いま、どこにありますか?
フジテレビとプロダクション I.Gがタッグを組み、初めての純日本製長編フルCGファミリー向けアニメを製作!! 今はいらなくなった=ほったらかされた「宝物」でつくられた不思議な島、「ホッタラケの島」を舞台にした大冒険ファンタジーを、フル3D-CGで、さらには日本独特の手書きの技術を駆使し、昔からの日本アニメの特徴である色使いの細かさやキャラクターの躍動感いっぱいに再現する!
●ストーリー
高校生の遥は、幼い頃亡くなった母のかたみの手鏡を、いつの間にかなくしてしまっていた事に気付く。子供の頃遊んでいた神社に、みつかりますようにとお願いをしに行くと、捨てられたおもちゃを運んでいる不思議な「きつね」を目撃する。その「きつね」を追っていくうちに、森の中で水たまりを見つけ、その水に手を入れた遥は一瞬にしてホッタラケの世界に吸い込まれ、「ホッタラケの島」に入ってしまう。遥はそこで、かつて大切にしていたぬいぐるみ“コットン”に出会う。「きつね」に見えた島の住人“テオ”を巻き込み、手鏡を探し始める。人間が入ってはいけないホッタラケの島を牛耳る“男爵”は、遥の存在に気付き……。遥は、手鏡を見つけることが出来るのか。そしてこの不思議な世界から現実の世界に戻ることができるのだろうか?
監督:佐藤信介
キャスト(声の出演):綾瀬はるか 沢城みゆき 戸田菜穂 大森南朋 谷村美月 ほか
脚本:安達寛高 佐藤信介
スタッフ:脚本:安達寛高 佐藤信介
製作:フジテレビジョン/Production I.G/電通
制作:Production I.G
制作協力:ポリゴン・ピクチュアズ
※FNSチャリティキャンペーン参加作品
鑑賞料から各10円をアフリカのシエラレオネ共和国に寄付します。
(C)2009 フジテレビジョン / Production I.G / 電通 / ポニーキャニオン
『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』
8月22日(土)全国東宝系にて公開!!
→『ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~』の記事を探す