MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『死にゆく妻との旅路(仮題)』映画化決定!!

三浦友和&石田ゆり子 W主演~真実の愛の物語
『死にゆく妻との旅路(仮題)』
映画化決定!!
三浦友和、石田ゆり子 W主演で、『死にゆく妻との旅路(仮題)』を配給することになりました。
本作は、1999年12月に夫婦でワゴン車に乗って旅をしている中、病に倒れた妻が車中で亡くなり、「保護者遺棄致死事件」として報道された実際の事件の裏に隠された、夫婦の深い愛を描いた、その夫=清水久典さんの手記「死にゆく妻との旅路」(新潮社刊)を映画化したものです。
死を見つめながら二人きりで旅を続ける、清水久典さんと、妻ひとみさんの心揺さぶる真実のラブストーリーは話題を呼び、原作は15万部のロングセラーとなりました。


監督は『初恋』(2006年宮崎あおい主演)で世界から注目を浴びた俊英塙幸成。実際の事件の裏に隠された愛にスポットライトをあてます。
北陸、中部、西日本と2人の実際の9ヵ月わたる足跡を辿った、映画『死にゆく妻との旅路(仮題)』の撮影がこの度クランクインいたしました。公開に先立ち、主演の三浦友和、石田ゆり子、塙幸成監督が作品について会見を行いました。
●コメント
三浦友和(57)=清水久典役
この夫婦の話は決して他人事とは思えない部分があり、すぐ感情移入できました。夫婦は千差万別で、事件の記事だけでは読み取れない、何かがこの夫婦の間にもあると思います。
その行間を演じる中で伝えたていきたいと思います。
石田ゆり子(39)=清水ひとみ役
最初に台本を読んだときに、ふたりの間にある絆と、ひとみさんのいじらしさ、人としての強さにすごく感動して涙が止まりませんでした。読み終わってすぐに「ぜひやらせてください!」とお返事したほどです。ひとみさんは、こんなに人を愛することができて幸せだと感じました。
塙幸成監督(44)
妻を癌で亡くすという身近な話なので丁寧に描きたいです。生き方を正しい、正しくないという尺度ではなく、こういう生き方もありましたというふうに、観客にきちんと提示したい話だと思います。
8月7日クランクイン、8月末 夏パートクランクアップ、2010年1月冬パートクランクイン、1月クランクアップ予定
●ストーリー
1999年12月2日、1人の初老の男が逮捕された。罪状、“保護者遺棄致死”──。
老年や幼年、身体障害者や疾病のために扶助を必要とするものを遺棄し、死に至らしめたことに対する罪であった。
男は、末期癌の妻と1台のワゴン車に乗り込み、9ヵ月もの間、日本各地をさまよっていた。
──いったいどうして?
その事件の裏は、報道されなかった夫婦の深い愛の物語があった。
監督:塙幸成
出演:三浦友和、石田ゆり子
原作:「死にゆく妻との旅路」清水久典(新潮社文庫刊)
企画・製作:ビーワイルド
配給:ショウゲート
『死にゆく妻との旅路(仮題)』
2010年 全国ロードショー