MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

3Dアニメ『くもりときどきミートボール』しょこたんが主題歌担当!

『くもりときどきミートボール』
主題歌をしょこたんが担当!
9月19日(土)に全国公開となる3Dアニメ『くもりときどきミートボール』の日本版主題歌を、中川翔子さんが歌うことに決定しました。
本作は、空から食べ物が雨のように降ってくる町で巻き起こる、奇想天外な世界を最新3D立体映像で体験できるアニメ。
中川さんがお菓子(キャンデーやマシュマロ)をモチーフにした洋服を着ているグラビアを見た映画のプロモーション担当者が、「映画はお菓子や食べ物が空から降ってくるという奇想天外なもの。ある日、男性コミック誌のグラビアで、中川さんがお菓子(キャンデーやマシュマロ)をモチーフにした洋服を着た写真を担当者がみて、即決め。こんなグラビアをとるユニークな発想とかわいらしさを持った彼女のキャラクター、そして何よりお菓子が大好きだという気持ちが今回の映画にぴったり。新アニソン界の姫でもある中川さんのキュートでパワフルな楽曲で映画を一緒に盛り上げたいです。」と主題歌をオファーし、見事実現いたしました!


今回の主題歌で記念すべき10枚目のシングルとなる。曲調は80’s洋楽を彷彿とさせるポップス。中川翔子さん軸でボーイズ目線は新しい試みだそうです。
●作品情報
『くもりときどきミートボール』
おなかがすいてもだいじょうぶ
食べたいものは、みーんな空からふってくる。
おいしいお菓子や食べ物に囲まれた家に住みたい?? 小さな頃、誰もが思い描いた夢が、今、実現する。空から食べ物が雨のように降ってくる町で巻き起こる、奇想天外な世界を最新3D立体映像で体験しよう! 原作は世界中で愛されている児童書「くもりときどきミートボール」。
フリント・ロックウッドの夢は偉大な発明家になること! しかし、彼の発明はちょっと風変わりで、家族や町中の人に迷惑をかけていた。彼の住む港町では、みんな、朝から晩まで、町の名物であるサーディーン(イワシ)料理を食べて暮らしていた。町のみんなに、もっとおいしいものを食べさせたいと思ったフリントは、水を何でも好きな食べ物に変えることができる<食べ物マシーン>を発明する。このマシーンを使えば、コップ1杯の水が、ミートボールにもなるのだ!
完成したマシーンを起動させようとしたとき、不慮の事故が起こり、<食べ物マシーン>は雲の彼方へと飛んでいってしまった。またまた失敗かと思われた発明だったが、巨大な雨雲が町に近づいてくると、空から大量のチーズバーガーが降ってきたのであった。サーディーンしか食べられなかった町の人たちは大喜び。フリントが、研究室にあるコンピューターから食べたいものを入力すれば、スパゲッティからステーキ、パンケーキやアイスクリームまで、何でも空から降ってくるのだ。今までずっと変人扱いされていたフリントは、一躍、町のヒーローとなった。
しかし、町の人たちは気付いていなかった。空から降ってくる食べ物が、日に日に巨大化していることに……。
出演:ビル・ヘイダー、アンナ・ファリス、ミスターT、ジェームズ・カーン、ブルース・キャンベル、アンディ・サムバーグ
監督:クリス・ミラー&フィル・ロード
原題:Cloudy With A Chance of Meatballs
製作年度:2009年 アメリカ映画
全米公開:2009年9月18日
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『くもりときどきミートボール』
9月19日 新宿ピカデリーほか全国ロードショー
→『くもりときどきミートボール』の記事を探す