MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『サブウェイ123 激突』都営地下鉄初!映画のフルラッピングライナーが走る!!

都営地下鉄に、はじめて映画のビジュアルをフルラッピングした8両編成の車両が登場し、大きな話題を集めている。
映画は『サブウェイ123 激突』。タイトル通り、N.Y.の地下鉄を舞台にデンゼル・ワシントン演じる運行指令官とジョン・トラボルタ演じるハイジャック犯が攻防戦を繰り広げるサスペンス・アクション。
「地下鉄を舞台にしている映画なのでぜひ地下鉄とコラボレーションしたいと考えました。中でも本編で描かれているのがニューヨーク市の地下鉄ということで、日本ではぜひ東京都の管轄である都営地下鉄で、なおかつ都営線の中でも大江戸線が一番、駅数・利用者数も多いので、ぜひ大江戸線でラッピングライナーを走行させたいと都営サイドに打診しました。当初、地下鉄ハイジャックの映画ということで実現が難しいのではないかと懸念したのですが、実際に交通局の担当の方に映画をご覧いただいたところ、地下鉄職員が乗客を守る懸命な姿が描かれていたため、本企画が実現したようです。
また、都営地下鉄の職員の方はいつも乗客の安全を第一に考えていらっしゃると思います。本作では、地下鉄職員ガーバーが乗客を守るために自分の身を犠牲にして犯人と闘うのですが、ラッピングライナーにはその緊張感を地下鉄の車体そのものに表現しました。」と、本作の宣伝プロデューサーであるソニー・ピクチャーズ 堀内啓氏は語る。


『サブウェイ123 激突』ラッピングライナーは8月1日(土)より1ヵ月間、都営地下鉄大江戸線を走行する。夏休みシーズンと重なるため、運行初日の二日間は小さな子供連れの家族や学生たちの姿も多く見られ、ホームに入ってきた見慣れない車両に思わず立ち止まり、急いで写真を撮ったり、駅員に運行スケジュールを問い合わせるなど、早くも大きな話題となっている。
●作品情報
地下鉄職員vsハイジャック犯
二人の「頭脳」が激突する—
ニューヨーク地下鉄。1時23分発の列車がハイジャックされた。ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)の要求は1000万ドル、身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間。さらに、交渉相手にはただの地下鉄職員ガーバー(デンゼル・ワシントン)を指名…。
なぜ1000万ドルなのか?
なぜ59分なのか?
なぜガーバーなのか?
本当の狙いとは?
犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」が動き始めるが。
出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ラモン・ロドリゲス
監督:トニー・スコット
脚本:ブライアン・ヘルゲランド
原作:ジョン・ゴーディ
原題:THE TAKING OF PELHAM 123
上映時間:1時間45分
製作年度:2009年 アメリカ映画
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『サブウェイ123 激突』
9月4日(金)TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー
→『サブウェイ123』の記事を探す