MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

マイケル・ムーア最新作ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、トロント国際映画祭出品決定!!

世界が待ち望む、マイケル・ムーア最新作!
CAPITALISM : A LOVE STORY(原題)
ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、トロント国際映画祭出品決定!!
サブプライム問題、リーマン・ショック、大量リストラ…
100年に1度の世界同時不況をムーアが救う!?
『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』『シッコ』と発表する作品ごとに、世界中から大きな注目を集めるマイケル・ムーア「経済問題」に切り込んだ最新作『Capitalism: A Love Story』(原題/「資本主義:ある愛の物語」)が、第66回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門ならびに2009年トロント国際映画祭特別上映に正式出品が決定しました。ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にドキュメンタリー作品が出品されるのは初となる快挙です!


監督デビュー作『ロジャー&ミー』(1989年)で、GM(ゼネラル・モーターズ)の会長に「アポなし突撃取材」を始めてから、ちょうど20年。「100年に一度の大不況」と言われ、GMが破綻した2009年、ムーアは自分の原点に立ち返りました。
あまりに巨大になり過ぎた企業による支配力と、とことんまで利益を追求しようとする姿勢が、アメリカ人だけではなく世界中の人々に、いかに壊滅的な影響を与えるか。
ムーアはこの問題を、最新作で鮮明に描き出します。
最新作の企画が進行するにつれ、ムーアは経済危機にフォーカスしていき、今年2月にはウォール街や金融業界で働く人々に、「自ら名乗り出て、あなたが知っていることを皆で共有しよう」と呼びかけました。「ヒーローになって、アメリカの歴史最大の詐欺行為を暴露することに手を貸して欲しい」と。
なぜ愛の物語を作ろうと思ったのか? ムーアいわく、「そろそろ“恋愛映画”を作ろうと思ったんだ。完璧なデートムービーになるよ」。「すべてが入っているんだ─欲望、情熱、ロマンス、そして毎日解雇されている14,000の人々」。「これは禁じられた愛であり、誰もその名前を口にしようとはしない。もう言ってしまえばいい、それが資本主義なんだ!」と。
すでに完成前の作品を見た数少ない人の話によれば、優秀なスタッフと働いているマイケル・ムーアは、今まさに絶好調だ!と断言できるとのことで、今年、世界中をにぎわす注目作になることは必至!!
本作の北米公開日である今年10月2日は、米国上院がウォール街に7,000億ドルの緊急支援策を可決した日から数えてちょうど1年と1日後。日本の公開は12月を予定しています。
提供:博報堂DYメディアパートナーズ、ショウゲート
配給:ショウゲート
(c)Front Street Productions, LLC.
『CAPITALISM : A LOVE STORY』
12月 待望の日本公開!!