MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『マーシャル博士の恐竜ランド』ケンドーコバヤシさんアフレコ会見のご報告

『マーシャル博士の恐竜ランド』
7月30日(木)、ケンドーコバヤシさんアフレコ会見のご報告
ケンコバ、全米No.1コメディアンに挑戦!!
『俺たちフィギュアスケーター』などで世界中を大爆笑させたコメディ界のキング、ウィル・フェレルを主演に迎え、奇想天外なパラレルワールドを描いたアドベンチャームービー『マーシャル博士の恐竜ランド』。
このたび、フェレル扮するマーシャル博士の日本語版吹き替えとして、最近は俳優としても活躍中で、シリアスもおバカもOKなピン芸人ケンドーコバヤシさん、相棒の美人研究者ホリー役のちすんさんが抜擢され、7月30日、都内のスタジオでアフレコ取材が行なわれました。会見には、劇中で大活躍する恐竜ティラノザウルス“グランピー”も応援に駆けつけました。


ケンコバさんが日本語吹き替えを担当したフェレルといえば、オリジナルキャラ21種類、物真似のレパートリーは61種類というスーパーピン芸人でありながら、ゴールデングローブ賞に2度ノミネートされるなど演技派。「アフレコは何度も経験ありますが、今までにないぐらいセリフが多い。こんなに映画の中でずっとしゃべってるのは初めてなんちゃうかな?」と苦労を明かしました。
また、ちすんさんとは初共演になりますが、「“わがままボディ”がイイ感じ」とケンコバ節を炸裂させ、アフレコ初体験のちすんさんが「人の芝居を自分がするというのは緊張します」と話すと「緊張をほぐすために昨日一緒に泊まりました!」とさらなる下ネタトークで記者陣を笑わせました。ドラマ出演、アフレコなど俳優としての活躍も目立つケンコバさん。「芸人の仕事は“人妻の危険なアルバイト”みたいなもの」とジョークを飛ばし、年間33億ドルを稼ぐフェレルについては「目標にするには高すぎる壁。バッファロー吾郎さんが目標です」と珍コメント。最後は「監督兼主演男優でポルノ映画に出てみたい」と締めくくりました。
●ストーリー
こんな世界、見たことない!
恐竜が闊歩し、類人猿が走り回り??
巨大生物や二足歩行のトカゲ族が棲息する不思議な世界<恐竜ランド>
タイムワープの実験に大成功したマーシャル博士(ウィル・フェレル)だったが、ワープ先は危険がいっぱいの<恐竜ランド>だった。しかも着いて早々タイムマシンを失くす大失態! 類人猿のチャカの案内で装置を捜索する博士たちだったが、その裏でトカゲ族“スリースタック”の陰謀が着々と進行しつつあった……
果たして、この陰謀を阻止し、無事元の世界に戻ってくることができるのか?
監督:ブラッド・シルバーリング『キャスパー』(1995)、『シティ・オブ・エンジェル』(1998)、『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』(2004)
脚本:クリス・ヘンチー TV「スピン・シティ」&デニス・マクニコラス TV「サタデー・ナイト・ライブ」
出演:ウィル・フェレル『俺たちフィギュアスケーター』(2007)
ダニー・マクブライド『トロピック・サンダー』(2008)
アンナ・フリエル『GOAL!ゴール!』(2005)、『GOAL!2』(2007)
配給:東宝東和
オリジナル・サウンドトラック:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント/ランブリング・レコーズ
(c) 2009 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『マーシャル博士の恐竜ランド』
9月18日(金)、TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー
→『マーシャル博士の恐竜ランド』の記事を探す