MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『愛を読むひと』監督記者会見&ケイト・ウィンスレット初来日?ジャパンプレミア開催

アカデミー賞常連監督
スティーヴン・ダルドリー
今度はブラピと映画製作!?
映画『愛を読むひと』6月10日記者会見
「レッドカーペット・アライバル」ステージイベントレポート
全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」を映画化し、この夏最高の感動作と話題の『愛を読むひと』監督のスティーヴン・ダルドリー監督が来日し、東京・恵比寿のウェスティンホテル東京にて、記者会見を行いました。
本作は、本年度のアカデミー賞で主要5部門(作品賞、監督賞、主演女優賞、脚色賞、撮影賞)にノミネートされ、ケイト・ウィンスレットが、見事、主演女優賞を獲得した話題作です。
なお、ダルドリー監督は、これまでの監督作すべて(『リトル・ダンサー』『めぐりあう時間たち』、『愛を読むひと』)がアカデミー賞にノミネートされたアカデミー賞常連監督で、しかも『めぐりあう時間たち』の二コール・キッドマン、そして本作のケイト・ウィンスレットに主演女優賞をもたらした名監督です。
また6月7日(米現地時間)、自らの監督作『リトル・ダンサー』の舞台化作で、演劇界の最高峰であるトニー賞でも作品賞を含む10冠に輝いております。


『愛を読むひと』スティーヴン・ダルドリー監督来日記者会見
◆日時:6月10日(水)
◆場所:ウェスティンホテル東京
◆登壇者:スティーヴン・ダルドリー監督
Q:トニー賞を受賞した感想を教えてください。
本当にうれしいです。『リトル・ダンサー』」のストーリーとは、10年の歳月を共にしていますから。それに若い俳優が注目されている作品ですし、今回、主演賞を最年少で受賞したのがとてもうれしかったです。
Q:原作の「朗読者」を映画化しようとした理由を教えてください。
出版されてから数年後に友人に贈ってもらって読んだのですが、とても強い印象が心に残った、心揺さぶられる作品だったからです。また、作品の舞台のドイツは、私が幼少期に住んでいたこともあったので、思い入れがありました。
Q:官能的なシーンが印象的でしたが、どのような演出を心がけましたか?
ケイトとデヴィッドのベッドシーンは、2人がお互いを知り合って、安心してから撮影できるように、撮影の一番最後にまとめて撮影しました。
Q:「タンタンの冒険」原作には登場しない作品を朗読本に選んだのはなぜでしょう?
ケイトにはデヴィッドが何の本を読むのか、事前にまったく知らせずに撮影しました。そうすることで彼女の自然な反応を撮りたかったからです。そのおかげでケイトのいい表情が撮れました。選んだ本については、脚本のデヴィッド・ヘアと相談して、ケイトが聞いていて面白いもの、またデヴィッド自身も読んでいて面白いであろう作品を選びました。
Q:主演した俳優にオスカー像を2度ももたらしていますが、今後、一緒に仕事をしたい
俳優は誰でしょうか?
たくさんいます(笑)。女優さんもたくさんいますが、ブラッド・ピットとも長年、いつか一緒に仕事をしたいねと話しています。
Q:最後にファンにメッセージをお願いします。
映画を製作する際は、体が反応するくらい、観客の皆さんの心に響く作品を作りたいと思っています。『愛を読むひと』は、原作の『朗読者』を読んだ時に、心が揺り動かされ、読み終えた時は心が疲労しました。映画を観た人にも、まるで感情面のジェットコースターに乗ったような気分になって欲しいですし、そして最後には救われるように感じてもらえればうれしいです。日本の皆さんがどんな反応を見せてくれるか、早く知りたくて仕方ありません。
ジャパンプレミアにて
ケイト・ウィンスレット初来日!?
映画『愛を読むひと』
6月10日「レッドカーペット・アライバル」
「ステージイベント」レポート
『愛を読むひと』映画公開に先駆け、6月10日、ジャパンプレミアが開催され、オスカー女優ケイト・ウィンスレット待望の日本初来日が、とうとう実現しました!?
“女優にオスカーをもたらす監督”スティーヴン・ダルドリー監督とともに、ケイト・ウィンスレットがステージ上に鮮やかに登場しました!
未だ来日していない最後のハリウッド大物女優の初来日!?ということで、日本からもスペシャルゲストが多数登場しました!
『愛を読むひと』「レッドカーペット・アライバル」「ステージイベント」
◆日時:6月10日(水)
◆場所:恵比寿ガーデンホール(目黒区三田1-13-2 恵比寿ガーデンプレイス内)
【レッドカーペット・アライバル】
場所:ガーデンホール前エントランス
時間:17:00~
本年度ミス・ユニバース・ジャパン・宮坂絵美里さんのエスコートにより、スティーヴン・ダルドリー監督が登場。その他ゲストもレッドカーペットを華麗に歩かれました。
<ゲスト>※レッドカーペットご登場順
道端カレンさん、クワバタオハラさん、上原さくらさん、杉浦太陽さん、デヴィ夫人、叶姉妹、宮坂絵美里さん(2009 ミス・ユニバース・ジャパン)、スティーヴン・ダルドリー監督
【ステージイベント】
場所:ガーデンホール内
時間:17:30開演
まずはダルドリー監督が登場。アカデミー賞を受賞したケイト・ウィンスレットのことや、撮影現場でのエピソードを語りました。そして本日のサプライズゲストの“バーチャル”ケイト・ウィンスレットが登場! そのリアルさに観客から驚きの歓声が上がりました。
そして、日本のファンへのメッセージが届けられました。
また、本作のテーマ“朗読”にちなみ、杉浦太陽さんが登壇し、チェーホフの「犬を連れた奥さん」の一部を生朗読。音声コミュニティサイト「こえ部」(提供:面白法人カヤック)とのキャンペーンで一般の方2232人が参加したリレー式の「犬を連れた奥さん」朗読CDを、杉浦さんとダルドリー監督の声の生収録により完成させました!
そして最後に本年度ミス・ユニバース・ジャパンの宮坂絵美里さんより、ダルドリー監督へ花束贈呈が行われました!
<登壇ゲスト>
スティーヴン・ダルドリー監督、サプライズゲストとして、ヴァーチャル ケイト・ウィンスレット、杉浦太陽さん、宮坂絵美里さん
Q:ケイト・ウィンスレットがアカデミー賞で主演女優賞を受賞した時の気持ちはどう
でしたか?
スティーヴン・ダルドリー監督(以下、監督):今、ケイトは本当に旬の女優です。彼女自身もオスカーを心待ちにしていたでしょうから、私もとてもうれしかったです。でもケイトは女優として素晴らしいだけではなくて、人としても素晴らしいです。自分のことだけではなく、現場で他の人の演技までしっかりと見てくれていました。
Q:原作「朗読者」のどんな部分に惹かれましたか?
監督:私が心を惹かれるのは、心の旅路が描かれている作品が多いのですが、『愛を読むひと』にはとても心が打たれました。とても複雑でチャレンジングな愛が描かれていますし、読み終えた時、心が乱れてしまったので、『この作品は映画にしなくては!』と思いました。
●ここで“バーチャル”ケイトが登場。観客の皆様へメッセージを贈りました。
ケイト・ウィンスレット:「せっかくのジャパンプレミアに行けなくてすみません。信じられないことですが、ほんの1年前はまだベルリンでこの作品を撮影していましたが、私にとってとてもユニークで特別な体験でした。
また、この作品は私にアカデミー賞をもたらしてくれましたが、もちろんそれは私1人の力ではなく、ここにいるダルドリー監督や、デヴィッド・クロス、レイフ・ファインズ、そしてドイツの素晴らしいキャストとスタッフ、皆さんのおかげです。そんな私たちが
作った作品を楽しんでもらえたら、と心から願っています。
●次に杉浦太陽さんが登壇。観客の皆様の前で劇中でも朗読されるチェーホフの「犬を連れた奥さん」を生朗読しました。
Q:映画はいかがでしたか?
杉浦さん:すごく考えさせられる映画でした。ケイト・ウィンスレットさんの、人の生き様を体現するお芝居がすごくて吸い込まれそうでした。『1つの恋愛が人生にあそこまで影響するのか。そして大切な人や自分を守るためにあそこまでするのか』と、思いました。見終わって、すぐにまた観たくなった映画でした。
Q:生で朗読をした感想はいかがでしたか?
杉浦さん:ふだんも本はよく読むのですが、最近は子供のために絵本を読むことが多いですね。
朗読は気持ちを込められるし、聞いてくれる相手がいるのがうれしいですね。
●監督への花束贈呈のため、2009 ミス・ユニバース・ジャパンの宮坂絵美里さんが登場。
ダルドリー監督に花束を贈りました。
Q:映画はいかがでしたか?
宮坂さん:愛について深く考えさせられる映画でした。恋人や大切な方を思い浮かべながら観てもらいたいなと思いました。
●最後にダルドリー監督から日本のファンの皆さんへメッセージが贈られました。
監督:ぜひ、映画を楽しんでください。製作に非常に時間がかかった作品ですが、私の人生の中でも最良の時間を過ごすことができました。私が映画を製作している間に感じた感情を、皆さんにも感じてもらえたらと思います。
本年度アカデミー賞主演女優賞受賞<ケイト・ウィンスレット>
ノミネート:作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞
全世界500万人が涙したベストセラー小説「朗読者」待望の映画化
『愛を読むひと』
「愛している」の代わりに、本を読んだ──
少年の日の恋が、無償の愛へと変わるまでを描く、至高のラブストーリー
1958年、ドイツ。15歳のマイケル(デヴィッド・クロス)は、具合の悪いところを助けてくれた、21歳年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋におちる。マイケルは毎日のようにハンナの部屋に通い、二人は激しく求め合った。やがてハンナは彼に本の朗読を頼み、それが二人の愛し合う前の儀式となる。マイケルは初めての大人の恋にのめりこんでいくが、ある日突然、ハンナは姿を消してしまう。
8年後、衝撃の再会が待っていた。法学専攻の大学生になったマイケルが法廷で見たハンナは、戦時中の罪を裁かれる被告人の一人だった。ハンナは、ある秘密を隠し通すために不利な証言を認め、自分だけ無期懲役の判決を受ける。自由を犠牲にしてまで隠したい秘密とは、いったい何だったのか?
時は流れ、ハンナとの出逢いから20年。結婚と離婚を経験したマイケル(レイフ・ファインズ)は、彼女の最後の朗読者になることを決意し、朗読を吹き込んだテープを刑務所に送り続けるのだが……。
監督:スティーヴン・ダルドリー(『めぐりあう時間たち』『リトル・ダンサー』
製作:アンソニー・ミンゲラ(『イングリッシュ・ペイシェント』
出演:ケイト・ウィンスレット(『エターナル・サンシャイン』『タイタニック』)、レイフ・ファインズ(『レッド・ドラゴン』、『イングリッシュ・ペイシェント』)、ブルーノ・ガンツ(『ヒトラー ~最期の12日間~』『ベルリン・天使の詩』)、デヴィッド・クロス(新人)
2008年/アメリカ/英語/カラー/ヴィスタ/SDR・SR/124分
提供:ショウゲート、博報堂DYメディアパートナーズ
配給:ショウゲート
『愛を読むひと』
6月19日(金)より、TOHOシネマズ スカラ座他にて全国ロードショー
→『愛を読むひと』の記事を探す