MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『トワイライト』シリーズ第2弾11月に日本公開決定! 『ニュームーン(原題)』

全世界で、380億円の大ヒット映画
『トワイライト』シリーズ第2弾
11月に日本公開決定!
『ニュームーン(原題)』
全世界で約380億円の興行収入をあげ、社会現象ともなった『トワイライト~初恋~』
その続編となる『ニュームーン(原題)』の日本公開が11月に決定いたしました!


監督は、ファンタジー超大作『ライラの冒険 黄金の羅針盤』で独特の世界観を見事に映像化したクリス・ワイツ。カナダのバンクーバーを始め、イタリアのモンテプルチャーノでの大規模な撮影も無事に終了し、前作を大幅に上回る超大作となります。
出演は、前作で一躍スターダムに踊り出たロバート・パティンソン、クリステン・スチュワート、鍛え上げた肉体美で狼族の青年を演じるテイラー・ロートナーにも注目が集まっています。また『I am Sam アイ・アム・サム』『宇宙戦争』で天才子役の名を欲しいままにした、ダコタ・ファニングの出演も決定!
大ヒット作の続編ということで、多くはベールに包まれたままですが、格段にスケールアップを見せる本作に早くも世界中の注目が集まっています。
●ストーリー
18歳の誕生日を迎えたベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は絶望感でいっぱい。
なぜなら永遠に17歳であるヴァンパイアの恋人エドワード・カレン(ロバート・パティンソン)より年上となってしまうためだ。そのうえ、ある事件をきっかけに、エドワードに別れを告げられたベラは廃人同然となってしまう。そんな傷心の彼女を励まそうとベラに寄り添うジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)。ジェイコブの優しさに助けられ元気を取り戻すベラだったが、エドワードの幻影を追いかけて自らを窮地に追いやることに・・・ベラが死んだと勘違いしたエドワードは自分の命も絶とうと、ヴァンパイアの最大勢力であるヴォルトゥーリ一族の住むイタリアへ向かうのだった──
出演:
クリステン・スチュワート(『イントゥ・ザ・ワイルド』)、ロバート・パティンソン (『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』)、ダコタ・ファニング(『宇宙戦争』)、マイケル・シーン(『クイーン』『フロスト×ニクソン』
原作:ステファニー・メイヤー (『トワイライト』シリーズ)
監督:クリス・ワイツ (『ライラの冒険 黄金の羅針盤』)
脚本:メリッサ・ローゼンバーグ (TVドラマ『The O.C.』、『トワイライト~初恋~』)
『ニュームーン(原題)』
11月 全国ロードショー
→『トワイライト』の記事を探す