MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

太宰治生誕100年記念映画『パンドラの匣』

原作:太宰治、脚本・監督:冨永昌敬、音楽:菊地成孔による映画『パンドラの匣』が、この10月よりテアトル新宿ほか、全国順次ロードショー公開いたします。
【太宰治生誕100年記念映画】
『パンドラの匣』
太宰治の一番ポップな青春小説、キラキラとあざやかに完全映画化!
結核を患う少年・ひばりは、終戦を機に「健康道場」と称する風変わりな療養所に入所する。そこで出会う気まぐれな看護婦・マア坊と、美人婦長の竹さん、おかしな療養者たちとの日々。やがてひばりは生きる活力を取り戻してゆく。太宰作品には珍しい、ユーモアと希望に満ちたきらきらとした物語。


主人公の少年・ひばりを演じるのは、つややかな瞳が印象的な期待の16歳・染谷将太(『14歳』『フレフレ少女』)。彼が想いを寄せる看護婦長・竹さんに、映画初出演となる『乳と卵』の芥川賞受賞作家・川上未映子。気まぐれな看護婦・マア坊には、映画にドラマに大活躍の新星・仲里依紗(『純喫茶磯辺』『時をかける少女』)。そして、物語の鍵を握るひばりの友人・つくしに窪塚洋介(『GO』『ピンポン』)他、ふかわりょう、小田豊、杉山彦々、KIKI、そして洞口依子とミッキー・カーチス、個性派からベテランまで様々なキャストが物語を彩る。
監督は、各界で熱狂的な支持を集める・冨永昌敬。音楽に、JAZZ界のカリスマ・菊地成孔が『パビリオン山椒魚』に続き再び冨永ワールドを支える。閉ざされた「健康道場」で繰り広げられる青春時代の淡い恋と人間模様――生き急いだ天才・太宰のモダンな物語が今この現代に鮮やかに甦る!
監督・脚本・編集:冨永昌敬(『亀虫』、『パビリオン山椒魚』、『シャーリーの好色人生と転落人生』)
原作:太宰治『パンドラの匣』(新潮文庫刊)
音楽:菊地成孔
撮影:小林基己
照明:藤井貴浩
美術:仲前智治
出演:染谷将太 川上未映子 仲里依紗 窪塚洋介 ふかわりょう 小田豊 杉山彦々 KIKI(友情出演) ・ 洞口依子 ミッキー・カーチス
2009/日本/35mm/カラー/アメリカン・ヴィスタ/DTSステレオ/94分
(C)2009「パンドラの匣」製作委員会
『パンドラの匣』
10月テアトル新宿ほか全国順次ロードショー
→『パンドラの匣』の記事を探す