MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『The Harimaya Bridge はりまや橋』6月2日(火)完成披露試写会舞台挨拶

『The Harimaya Bridge はりまや橋』
6月2日(火)完成披露試写会舞台挨拶のご報告
6月2日(火)、『The Harimaya Bridge はりまや橋』の舞台挨拶つき特別試写会が、新宿バルト9にて開催されました。出演者の高岡早紀、穂のか、そして監督のアロン・ウルフォークが舞台挨拶に登壇。大勢のマスコミと約230名のファンたちが来場いたしました。
上映後は、アロン監督自らロビーにでてファンたちを見送り、アロン監督にファンが殺到しサイン・握手攻めにあいました。写真撮影にまで快く応じる監督の周りは、しばらくの間人だかりが絶えず、監督とファンたちの間に心地の良い時間が流れておりました。
以下、登壇者のコメントです。


高岡早紀(36)
英語で日本人の心を表現するのは想像以上に難しかったが、監督をはじめ共演者の方々のおかげで乗り越えられた。ちょうど一年前に撮影した作品が皆さんの前で公開できることが本当に嬉しいです。見終わった後に、皆さんの心が温まることを願っています。
穂のか(19)
初めての映画でとても緊張してしまい、クランクイン直前に40度の知恵熱を出してしまった。父(石橋貴明)には仕事の相談はしていないが、報告はした。高知の素敵な風景を堪能できる、心温まる映画です。そして偏見や人の先入観が無意味なものであるという事を教えてくれる作品です。
アロン・ウルフォーク監督(40)
この映画『The Harimaya Bridge はりまや橋』は高知、そして日本の田舎への私からのラブレターです。英語教師として高知に住んでいた17年前から、高知を舞台に映画を製作したいと願っていました。17年前から毎年、日本に来ています。高知市内にある『はりまや橋』は実際見てみると『がっかりする小さな橋』ですが、私はこの橋を色々なもの、文化間のかけ橋として表現しました。
人と人、文化と文化、世代と世代。それぞれが自分の中にある『橋』を渡って、成長していくことが映画のテーマです。
本作品は『リーサル・ウェポン』シリーズ、『ブラインドネス』で知られるハリウッドの名優ダニー・グローヴァーが才能を発見した映像作家アロン・ウルフォーク監督が、自らの脚本を元に作り上げた長編デビュー作です。
撮影は昨夏、高知県(高知市・須崎市・佐川町・中土佐町・南国市)のほかに、サンフランシスコでもロケを敢行。
かつて英語教師として高知に暮らした経験を持つアロン監督は、ただの「外国人から見た日本」ではない、日本の美しさ、人間の温かさを描き、国境を越える家族、自己発見の物語をみずみずしく表現。ひとりひとりが心の「橋」を渡る、胸を打つ物語が誕生しました。
●ストーリー
サンフランシスコに住む写真家ダニエル・ホルダー(ベン・ギロリ)には、愛してやまない一人息子ミッキー(ヴィクター・グラント)がいた。しかし息子はアメリカを飛び出し、日本の高知県のとある町に英語教師として赴任、画家としての才能も発揮していた。その順調な生活も束の間、1年もたたずにミッキーは交通事故に遭い命を落としてしまう。
悲しみに暮れる父ダニエルには、太平洋戦争で自らの父を失った過去があった。
戦争で父を日本兵に殺され、息子をも日本で命を失ってしまうおぞましい悲劇。
日本への抑えきれない嫌悪感と偏見を抱えつつも、自らを奮い立たせ、息子が遺した絵をかき集める決意で単身日本を訪れたダニエルは、高知をさまよう。その地で、ミッキーを弟のようにかわいがっていた原先生(清水美沙)や、かつての上司(山崎一)、同僚(misono)に思いのほか温かく迎えられ、意外なまでに高知の人々に愛されていた息子の生活を目の当たりにし、激しく戸惑う。
そんなある日彼は、息子の教え子であった知的障害を持つ少女(穂のか)からプレゼントされた絵によって思いがけない事実を知る。ミッキーが同僚の紀子(高岡早紀)と結婚していたこと、そしてふたりの間に生まれていた、新しい命の存在を。
『The Harimaya Bridge はりまや橋』
(2009年/日本・アメリカ・韓国/120分/ビスタ/ドルビーSRD /English Subtitled)
ベン・ギロリ 高岡早紀 清水美沙 & ダニー・グローヴァー misono 穂のか ヴィクター・グラント アーダ・ウルフォーク 白石美帆 浜田晃 織本順吉 ピーター・コヨーテ 山崎一 北見敏之 柏木由紀子
監督・脚本:アロン・ウルフォーク
主題歌:misono「終点~君の腕の中~」
『The Harimaya Bridge はりまや橋』
6月6日(土)よりTOHOシネマズ高知にて先行公開、6月13日(土)新宿バルト9ほか全国公開
→『The Harimaya Bridge はりまや橋』の記事を探す