MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『築城せよ!』完成披露試写会のご報告

5月27日(水)、TOKYO FM HALLにて『築城せよ!』完成披露舞台挨拶が行われました。
主題歌「時の空」を歌った多和田えみさんのライブの後、主演の片岡愛之助、海老瀬はな、江守徹、阿藤快、藤田朋子、古波津陽監督が登壇。
片岡愛之助
「人と人との繋がりが希薄になっている現在、魂の繋がりを取り戻せる、笑いあり、涙あり、そして愛のある映画です。」
海老瀬はな
「現場ではベテランの皆様に囲まれて緊張していました。でも阿藤さんはじめ皆さんにとても親切にしていただき、とても楽しかったです。」
阿藤快
「撮影の初日、はなちゃんは緊張しちゃって固まっちゃって動けなくて。でもどついたらようやく動くようになったよね(笑)。」
古波津陽監督
「現場でもこういういい雰囲気が作品に出ていると思う。素晴らしいキャストの方々に恵まれて本当によかったです。」
また段ボールで城を作る、という発想については


古波津監督
「子供の頃、秘密基地とか作るじゃないですか。それがもっと大きくなって、本格的にできたら面白いな、と思ったのが原点です」と語った。
また舞台挨拶開始前に、現職の衆議院議員である平沢勝栄さんが、2007年の脳梗塞から復帰し、本作で地域活性化に奮闘する町長役の江守徹さんを激励に。
平沢勝栄
「この映画、大変興味深く拝見致しました。日頃から応援している江守さんが、過疎化に悩む町の町長を熱演していて素晴らしかった。これからもがんばってください。」
時を超えて受け継がれた”ものづくり”の精神が、バラバラになった現代人の心を一つにする痛快エンタテインメント!!
400年の時を超えて現代に甦った戦国武将。殿様の「築城せよ!」という号令の下、町おこしを願う現代の町民たちを巻き込んで、無謀な計画がスタートする。製作期間はたったの3日、素材はなんと段ボール!果たして、段ボールで城は建つのか?そして、築城に秘められた真意とは?
現代に甦った戦国武将役に歌舞伎俳優・片岡 愛之助。相手役には松竹スターゲートで1万人の中からグランプリを射止めた大型新人・海老瀬はな。敵役として戦国武将と対立する町長に映画・演劇界の重鎮・江守 徹ほか、阿藤 快、藤田 朋子、ふせえり ら実力派俳優が脇を固める。
出演:片岡愛之助 海老瀬はな 江守徹 阿藤快 藤田朋子 津村鷹志 木津誠之 ふせえり
監督・脚本:古波津陽
脚本:浜頭仁史
撮影監督:辻健司
美術:磯見俊裕
配給:東京テアトル
『築城せよ!』
6月20日(土)より新宿ピカデリー 名古屋ミッドランドスクエアシネマ他にてロードショー!
→『築城せよ!』の記事を探す