MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『マン・オン・ワイヤー』初日決定

本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞
『マン・オン・ワイヤー』初日決定
1974年8月7日朝、今は無きニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを綱渡りで渡ろうとしていたフランスのある大道芸人がいた。高さ415m、地上110階という巨大な2つの建物の間にワイヤー1本を渡しその上を歩く。もちろん命綱はない。また全ての計画はゲリラ的に進められた。時は折しもニクソン大統領が辞任に追い込まれる日の2日前、その雲まで届く高層ビルを綱渡りで歩き、踊った伝説の大道芸人フィリップ・プティ。パリのノートルダム大聖堂、オーストラリアのハーバー・ブリッジ、今は無きNYのワールド・トレード・センターetc…人々を驚きと喜びでわかせた綱渡り芸人の記憶が、ドキュメンタリーで甦る。米国では昨年公開し、単館系作品としてはわずか2館から100館までに広がる大ヒットとなった。ポール・オースター、ロビン・ウィリアムス、スティング等著名人らも称揚する、おとぎ話のような、驚きと感動の実話。オスカー受賞を初め海外の主要映画祭で絶賛された「史上最も美しき犯罪」、下記の日程で初日が決定しました。
空に、夢に、近づきたかった。
1974年、ニューヨーク、ワールド・トレード・センター。人生を賭けた綱渡り。美しき自由の伝説。


『マン・オン・ワイヤー』
6月13日(土)より、新宿テアトルタイムズスクエアほか全国順次ロードショー
★アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門
★英国アカデミー賞最優秀英国映画賞
★ナショナル・ボード・オブ・レビュー・ドキュメンタリー部門
★サンダンス映画祭ワールドシネマ審査員&観客賞
★全米批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★ニューヨーク映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★ロサンゼルス映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★ワシントンDC映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★米国映画製作者組合賞ドキュメンタリー賞プロデューサー・オブ・ザ・イヤー
★放送映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門受賞
★インディペンデント・スピリット・アワード・ドキュメンタリー部門
★米国映画編集者協会ドキュメンタリー部門
★BAFTA(ブリティッシュ・インディペンデント・フィルム・アワード)ドキュメンタリー部門
★サテライト・アワード・ドキュメンタリー部門
★ニューヨークオンライン映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★女性映画ジャーナリスト同盟映画賞ドキュメンタリー部門
★シカゴ映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★フロリダ映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★ラスベガス映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★オクラホマ映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★カンザスシティ映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★セントルイス映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★サウス・イースタン映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★サンディエゴ映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★フェニックス映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★オースティン映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★トロント映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★ヒューストン映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★ダラス映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★セントラル映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
★オハイオ映画批評家協会賞ドキュメンタリー部門
◆ロンドン・タイムス紙2008年ベスト10選出
◆ローリング・ストーン誌・ピータートラバースが選ぶ2008年ベスト10
◆米国の映画批評総合サイト「Rotten Tomatoes」オールタイムベスト1選出(2位は『トイ・ストーリー2』
◆全米で大ヒットにつき拡大上映(公開3週目に、単館上映から100館上映へ)
「忘れがたい美しさをたたえた行為」(ポール・オースター/米国・作家)
「フィリップは空を舞台にするアーティストだ。」(ロビン・ウィリアムス/米国・俳優)
「彼は綱渡りの全てを僕に教えてくれた。」(スティング/イギリス・歌手)
「フィリップ・プティこそは、人々を夢中にさせる美しい行為で、ワールド・トレード・センターのツインタワーをつなげてみせた男だった。(ヴェルナー・ヘルツォーク/ドイツ・映画監督)
●書籍:絵本に描かれたプティの綱渡り「綱渡りの男」(小峰書店・刊/モーディカイ・ガースティン・作/川本三郎・訳)絶賛発売中
●書籍:フィリップ・プティ自伝「To Reach the Cloud(原題)」(白揚社・刊/畔柳和代・訳) 今春発売予定
●サントラ:マイケル・ナイマンのベスト版的サウンド・トラック ユニバーサル・ミュージックより5月20日発売決定
原題:「MAN ON WIRE」
2008年/イギリス/カラー/95分/35mm/英語
監督:ジェームズ・マーシュ(『キング 罪の王』)/製作:サイモン・チン
撮影:イゴール・マルティノビッチ/音楽:マイケル・ナイマン(『ピアノ・レッスン』)、ジョシュア・ラルフ
出演:フィリップ・プティ、ジャン・ルイ・ブロンデュー、アニー・アリックスほか
『マン・オン・ワイヤー』
6月13日(土)より、新宿テアトルタイムズスクエアほか全国順次ロードショー
→『マン・オン・ワイヤー』の記事を探す