MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

あの「鉄腕アトム」がとてつもないスケールで本格的映画化!!『ATOM』

あの『鉄腕アトム』が、圧倒的なスケールでアトム史上初!となる本格的映画の公開が決定しました。配給:角川映画、角川エンタテインメント。
タイトルは『ATOM』。
今年は手塚治虫生誕80周年となる記念すべき年。2009年、ついに甦る『ATOM』にご期待ください。
映画「ATOM」に関して
1951年より連載された「アトム大使」の登場人物であったアトム。1952年から主人公として『少年』に連載。1963年から日本で初めての国産テレビアニメ化された。
手塚治虫生誕80周年の今年、フルCGにより初の本格的映画『ATOM』として公開が決定。
本作は、全米でも大きな話題となっており、声優陣も大変豪華なキャストが勢ぞろい。主人公のアトム役には、フレディ・ハイモア、テンマ博士にはニコラス・ケイジ、お茶の水博士にはビル・ナイなどの出演が決定。その他にも多くの超有名人がキャスティングされる予定。


ストーリー
ロボットが人間と共存する夢の空中都市メトロシティ。そこで何不自由なく幸せに暮らしていた少年トビーは、事故で命を落としてしまう。最愛の息子を亡くしたテンマ博士は自らの手で、息子をロボットとして甦らせた。
しかし、生身の人間とは違っていた。
博士はそんな息子を捨てる。戻る場所のないロボットは、地上へと下りていくしかなかった。
でも、そこには新しい仲間が待っていた。彼は今、“アトム”として新しい一歩を踏み出す──。
イマージスタジオ
本作品の制作は、2000年、イマージ・インターナショナル・ホールディングスが設立したイマージスタジオ。香港のほか、L.Aにクリエイティブ部門と制作部門があり、東京にも支社がある。ドリームワークス、ピクサーなどと同等の技術力を持つ、新進気鋭のアニメーションスタジオである。
制作作品:『TMNT(ミュータント・ニンジャ・タートルズ)』(2007年3月公開、米WB配給)
キャスト
フレディ・ハイモア クリスティン・ベル ネイサン・レイン ユージン・レヴィ マット・ルーカス ビル・ナイ ドナルド・サザーランド and ニコラス・ケイジ
スタッフ
監督:デビッド・バワーズ
脚本:ティモシー・ハリス
制作:マリアン・ガーガー
提供:角川エンタテインメント
(c)2009 Imagi Crystal Limited /Original Manga (c) Tezuka Productions Co., Ltd.
『ATOM』
2009 秋 全国ロードショー
→『ATOM』の記事を探す