MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ジョッキーを夢見る子供たち』初日決定!

『ジョッキーを夢見る子供たち』
1月24日、初日決定!
一等賞になれなくても、人生は続く~~武豊とディープインパクトも出演
CKエンタテインメント配給作品、騎手・厩務員養成寄宿学校の子供たちの栄光と挫折を描いた、フランス発の感動ドキュメンタリー『ジョッキーを夢見る子供たち』の初日が1月24日(土)に決定いたしました。
知られざる世界、そこは騎手(ジョッキー)養成学校。
厳しいおとなの世界の入り口で、思春期の子供たちは生き残りに賭ける。


子供たちを馬のスペシャリストに育てるためのフランス国立騎手・厩務員養成学校「ル・ムーラン・ナ・ヴォン」。美しい森に囲まれたこの学校には、未来の騎手を目指して親元を離れ必死に生きる子供たちがいる。彼らの夢は、世界最高峰のレース、凱旋門賞にでること。馬にとっても子供にとっても、勝つことだけが生き残りの道である残酷な勝負の世界。騎手になるか、厩務員になるか、それとも別の道を選ぶか。人生の試練に立ち向かう思春期の子供たちの姿と、繊細なサラブレッドの躍動感を『皇帝ペンギン』の名カメラマン、ロラン・シャレが見事に捉えている。『音のない世界で』(1994)、『ぼくの好きな先生』(2002)など、ハートウォーミングなドキュメンタリーを世に送り出してきた仏映画界から、またひとつ知られざる世界に迫った爽やかな感動作が届いた!
「ジョッキーになりたい、僕のあこがれの仕事だから!」
未来の栄光を夢見て──その先に待つ本当の一等賞とは?
朝5時から始まる厩舎での馬の世話は辛い。ここでは馬は人間より優先される。感受性豊かな子供たちは、木の葉一枚にも怯える繊細な馬と友情を結ばなければならない。スピードを制御できず、鞍上で泣き出してしまう者。自分の夢を疑いはじめる者。そして馬が大好きだから必死にしがみついてゆく者・・・。「汚れたジーンズで馬に乗るな」「馬と仲間を敬え」教官は自分の持つすべてを厳しく教え込む。教官も、年老いた厩務員も、若かりし頃は騎手を夢見たこの学校の子供たちだったのだ。長かった1年が終ると、優秀者だけが出場できるレースが待っていた。選ばれた者も選ばれなかった者も、入学したての頃とは顔付きも変わり、肉体には逞しい筋肉がついている。試練に耐えた子供たちは、現実の世界の入り口に立つ。勝つこととは何か、本当の一等賞とは何か。人生の意味を、彼らは知り始めている。
<武豊コメント>
じっくり時間をかけたドキュメンタリーだけあって、本当にリアル!
馬は言葉を話せない。だから人が馬の気持ちになってあげなくては。
うまく乗れなくて歯がゆかった頃を、懐かしく思い出しました。
──武豊(騎手、本作に出演)
製作:ダニエル・マルケ(『恋人たちのパリ』)
監督:バンジャマン・マルケ
撮影:ロラン・シャレ(『皇帝ペンギン』)
2008/フランス/35mm/カラー/ドルビーSRD/98分
原題:LADS ET JOCKEYS
配給:CKエンタテインメント
(C)2008Groupe Deux
『ジョッキーを夢見る子供たち』
2009年1月24日(土)渋谷シアターTSUTAYAにて、夢駆ける公開!