MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『花の生涯 ~梅蘭芳~』 第59回ベルリン国際映画祭出品決定!!

第59回ベルリン国際映画祭 コンペティション部門出品決定!!
『花の生涯 ~梅蘭芳(メイランファン)~』
アスミック・エース、角川エンタテインメント配給、チェン・カイコー監督作品『花の生涯 ~梅蘭芳~』が、2月5日~15日に開催されるベルリン映画祭のコンペ部門への出品が正式決定しました。チェン・カイコー監督作品は1993年のカンヌ国際映画祭で『さらば、わが愛 覇王別姫』がパルムドールを受賞、1999年には『始皇帝暗殺』で芸術貢献賞を受賞。
ベルリン国際映画祭への参加は2006年に『PROMISE プロミス』がアウト・オブ・コンペティション作品として上映されており、正式出品としては今回が初参加!


また、本作は12月5日から中国で2200スクリーンの大規模公開し、4日の先行上映で約1,000万元(約150万ドル)の興行収入を記録し、公開2日間で6,126,184ドルの興行成績で第2位の作品「愛情左灯右行(Fit Lover)」が1,800,964ドルで、2位と3倍以上の差をつける「断トツ1位」の大ヒットスタート!!
中国本土での評価も非常に高く、『さらば、わが愛 覇王別姫』を超える傑作と謳われており、ベルリン映画祭での受賞が期待されています。
『花の生涯 ~梅蘭芳~』
チェン・カイコー監督が『さらば、わが愛 覇王別姫』から15年の時を経て、再び京劇を題材に愛と共に生きた天才女形「梅蘭芳」の壮絶な生涯を描いた一大叙事詩。才能を持って生まれた者(梅蘭芳)が歩む栄光と孤独の人生を、普遍的なテーマとして色濃く投影させている。出演はレオン・ライ、チャン・ツィイー、レスリー・チャンの再来の呼び声高いユィ・シャオチュン、そして日本からは安藤政信、六平直政が参加。
出演:レオン・ライ『ラブソング』、チャン・ツィイー『SAYURI』、スン・ホンレイ『モンゴル』、チェン・ホン『北京ヴァイオリン』、ユイ・シャオチュン、安藤政信『さくらん』 ほか
監督:チェン・カイコー『さらば、わが愛 覇王別姫』
配給:アスミック・エース 角川エンタテインメント
『花の生涯 ~梅蘭芳(メイランファン)~』
3月7日(土)より新宿ピカデリー 他 全国順次公開!!