MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

本年度アカデミー賞最有力作品『エレジー』初日決定!

本年度アカデミー賞最有力作品、初日決定!
2009年1月24日(土)
『エレジー』
ロサンゼルス映画批評家協会賞受賞!
サテライト賞ノミネート!
ムービーアイより配給します『エレジー』の初日が決定致しました。
ベン・キングズレー演じる著名な初老の大学教授と、ペネロペ・クルス演じる、彼を魅了し、同時にその心をかき乱すひとりの若く美しい女性との切ない関係を描いたラブ・ストーリー。ふたりの親密なつながりはいつしか別れを迎え─。男:衰える肉体、女:病に侵される肉体、ふたりに共通する“孤独”を感じ、時を経てふたりは再会する。それはふたりの人生を大きく変える再会だった。
本作は、男女の肉体に焦点をあてながら、大人の女性の心の本音を描き出す傑作です。
本年度アカデミー賞最有力候補といわれ、先日発表されましたロサンゼルス映画批評家協会賞にてペネロペ・クルスが助演女優賞で見事受賞! さらにアカデミー賞の前哨戦、サテライト賞でも助演女優賞と脚本賞の2部門ノミネートされております!


監督:イサベル・コイシェ(『あなたになら言える秘密のこと』『死ぬまでにしたい10のこと』
脚本:ニコラス・メイヤー(『ジャック・サマースビー』
原作:フィリップ・ロス著「ダイング・アニマル」(集英社刊)
出演:ペネロペ・クルス『ボルベール <帰郷>』/ベン・キングズレー『ガンジー』『シンドラーのリスト』/デニス・ホッパー『地獄の黙示録』/パトリシア・クラークソン『エデンより彼方に』/ピーター・サースガード『ニュースの天才』
配給:ムービーアイ
原題:Elegy /2008年/アメリカ/112分/カラー/SR、SRD、SDDS /ビスタサイズ/
日本語字幕:松浦美奈
『エレジー』
2009年1月24日より シャンテシネ、Bunkamuraル・シネマ他全国ロードショー
*新宿武蔵野館は2月7日より上映