MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『レッドクリフ Part II』主題歌決定

戦いは赤壁へ……
『レッドクリフ Part II』始動!
来年4月、いよいよ完結!
『レッドクリフ Part II』主題歌が、Part Iに続きalanに決定!
東宝東和、エイベックス・エンタテインメント共同配給作品『レッドクリフ Part I』が、興収41億6257万円(12/10現在)を突破し、『HERO(英雄)』(2003年、累計興収40億2600万円)を超え、日本で公開されたアジア映画での最高興収記録を樹立しました。<レッドクリフ>は、認知度も95%を越え、いまや社会現象にもなりつつあります。そのPart Iの勢いのまま、2009年4月に公開を控える『レッドクリフ Part II』もいよいよ始動!
Part Iに引き続き、ジョン・ウー監督の絶大な信頼を受けて、alanが主題歌に決定。12月13日より全国劇場にポスター&チラシが設置されます。


(1)『HERO(英雄)』超え映画史に残る金字塔! アジア映画史上最高興収記録樹立!
日本で公開されたアジア映画で、現在まで興収記録の1位だった『HERO(英雄)』(2003年公開、累計興収40億2600万円)を超え、公開6週目にしてレッドクリフが記録更新!
『レッドクリフ Part I』 興収:4,162,566,550円、動員数人累計:3,395,618人(12/10現在)
(2)史上最大の戦いーいよいよ完結へ『レッドクリフ Part II』最新ビジュアル解禁!
(3)ジョン・ウーが認めた才能! 全世界主題歌はPart Iに続き<alan>に決定!
主題歌 概要
「久遠の河(くおんのかわ)」(日文歌名)
「赤壁 ~大江東去~」(中文歌名)
作詞:松井五郎(日本語詞)、李?雄(中国語詞)
作曲:岩代太郎
編曲:中野雄太
alanのコメント
Part IIの全世界主題歌を歌わせていただき、赤壁の戦いの完結編に関わることができて、大変うれしく思っています。今回の主題歌は、わたしにとっても新しいチャレンジでした。高いキーや今まで皆さんが聴いたことがない歌声、全て自分にとっても新鮮な感じです。監督からのアドバイスとおり一羽の鳩になった気持ちで大空を舞うイメージで作られています。ぜひぜひ、聴いていただきたいです。
ジョン・ウー監督のコメント
alanの歌声はとても美しく上品で人の心にどんと響く。Part Iではヒーローの不屈な精神及び感情を上手く表現し聴く人を感動させました。Part IIでは登場人物のロマンチックな感情を表現したかったので、その感情は彼女の歌声でしか表現できないと思い、引き続き依頼しました。
「赤壁の戦い」では周瑜のリーダーシップと諸葛孔明の聡明さが歴史上最大の戦いの引き金となった。時代は絶え間なく変わり行くが長江は何千年も変わらずそこにあり、時代時代のヒーローたちを見届けている。最も大切なのは友情であり、時代や場所が変わっても、深い友情が存在する。この歌詞や音楽に悲壮感が漂っているようだが、深いところでは別れても別れられない温かい友情、平和を表現していて、それは映画のテーマと重なる。岩代太郎のロマンチックな曲風とalanの清純な歌声を賞美したい。
『レッドクリフ Part I』本年度洋画No.1 オープニング記録樹立!
大ヒット上映中!
『レッドクリフ Part II』2009年4月全国ロードショー決定!