MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『レッドクリフ Part I』4週連続1位獲得!!

『レッドクリフ Part I』
洋画で約1年ぶりの快挙達成!
興収ランキング4週連続堂々1位!
エイベックス・エンタテインメント、東宝東和共同配給作品『レッドクリフ Part I』が興収ランキング4週連続1位となり、公開から23日間で早くも観客動員数250万人、興収30億円を突破致しました。日本で公開された洋画作品の中で、興収ランキング4週連続1位は『アイ・アム・レジェンド』(2007年12月公開)以来約1年ぶりの記録となります。


★興収ランキング4週連続1位達成!(11/4、11/10、11/17、11/25付)
洋画では『アイ・アム・レジェンド』以来約1年ぶり、今年公開の実写作品では最高記録となる快挙を達成!
■2008年興収ランキングの連続1位記録
・6週連続:『崖の上のポニョ』(アニメ)
・4週連続:『レッドクリフ Part I』(洋画)
 → 実写作品、洋画作品としての最高記録!
      『容疑者Xの献身』(邦画)
※2008年、4週以上の連続1位は以上3作品のみ。
★公開23日間で動員数250万人、興収30億突破!
11/1(土)~11/24(祝)
■累計動員数 2,719,897人 3,324,768,650円 (11/25付)
■公開23日目での250万人突破は2008年公開の洋画作品では『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』に次ぐスピード記録。
★2008年洋画No.1のオープニング記録を樹立!
■公開3日間の興行成績で『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を抜き今年No.1!
・『レッドクリフ Part I』公開3日間
期間:11/1~11/3 上映館数:全国545館
来場者数:825.064人 興行収入:961.790.150円
※エイベックス・エンタテインメント調べ
『レッドクリフ Part I』
1800年語り継がれる「三国志」を全2部作の壮大な物語として描いた、この秋最大の話題作!
『M:I-2』ジョン・ウー監督 最新作!
1800年の時を超え、“愛と勇気の伝説”今よみがえる。『M:I-2』でハリウッドの頂点を極めたジョン・ウー監督が、『パイレーツ・オブ・カリビアン』『マトリックス レボリューションズ』等のVFXチームと組み、生涯の夢であった「三国志」を完全映画化。国を賭けて戦う男の姿と、その時代に生きた女の存在もリアルに表現したオリジナル脚本で、映像の迫力と共に、<勇気><友情><愛>というメッセージを全世界に放つ。
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン
配給:東宝東和/エイベックス・エンタテインメント
音楽:岩代太郎
主題歌:alan 「RED CLIFF ~心・戦~」(avex trax)
2008/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国/35mm/145分/シネスコサイズ/ドルビーSRD(C)2008 Three Kingdoms Ltd.
『レッドクリフ Part I』
大ヒット公開中!