MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『007 慰めの報酬』アメリカでもオープニング成績シリーズ最高&初登場1位!

イギリスに続き、アメリカでもオープニング成績シリーズ最高&初登場1位!
3週連続、海外成績No.1!!
『007/慰めの報酬』
10月31日に英国で、公開週末3日間で『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を超えて、歴代新記録を打ち出し、翌週公開した60カ国すべてで初登場No.1を記録した『007/慰めの報酬』が、11月14日に北米でも公開され、3451スクリーンで、7040万ドルを稼ぎ出し、007シリーズ最高北米オープニングを記録しました。これまでのシリーズ最高北米オープニングは2002年『007/ダイ・アナザー・デイ』の4707万ドルでしたが、それを遥かに凌いで記録更新。シリーズ最高北米成績1億6744万ドルを稼ぎ出した前作『007/カジノ・ロワイヤル』(2006年)のオープニング成績が4083万ドルで、その74%以上にもなる成績となっています。


北米除く海外では今週末から新たにハンガリー、ジャマイカ、メキシコ、トリニダッド・トバゴ、メキシコなどが加わり、67マーケット、70カ国(または70言語地域)で公開開始となりました。計10,460スクリーンで、5610万ドルを稼ぎ出し、3週連続海外成績1位獲得の快挙となりました。累計全世界興行成績は2億5160万ドル、累計全世界興行収入は3億2200万ドルに到達しました。
本作の海外成績は、今まで最高のシリーズ前作の記録、4億3000万ドルを超えると予想されます。
今月末には、主演のダニエル・クレイグらの来日とジャパンプレミアも予定されており、来年1月の日本公開での大ヒットを予感させます。
ストーリー
初めて心から愛した”運命の女”を殺された男、ジェームズ・ボンド。家族を殺され、たったひとりで生きてきた孤独な女、カミーユ。復讐心が二人を引き合わせ、傷ついた二つの魂が共鳴してゆく……。
ダニエル・クレイグを主演に迎え、完全なる変革を遂げた『007/カジノ・ロワイヤル』。これは、その1時間後から始まる物語。初めて愛した女を喪い復讐に燃えるボンドに、「MI6のミッションの遂行は絶対。どんな場合も決して感情に流されてはならない」というMの言葉が重く圧し掛かる。
任務と復讐の間で揺れる彼は、同じ傷を持つ孤独な女カミーユと出会う。
悲しみという絆で繋がっていく二人。果たして復讐が、心の<慰め>になるのか? 復讐の見返りとして得られる<報酬>はあるのか? その<慰めの報酬>を受け取ることで、何を得て、何を失うのか??
監督は『チョコレート』のマーク・フォースター、共同脚本は『クラッシュ』のポール・ハギス。
人間ドラマを描くことに定評のある彼らが、リアルな一人の人間としてのジェームズ・ボンドの内面に深く迫る。
監督:マーク・フォースター
脚本:ポール・ハギス、ニール・パーヴィス、ロバート・ウェイド
出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、・マチュー・アマルリック、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、ジュディ・デンチ
主題歌:アリシア・キーズ&ジャック・ホワイト「アナザー・ウェイ・トゥ・ダイ」(BMG Japan)
『007/慰めの報酬』
2009年1月よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国ロードショー