MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

2008年洋画No.1候補『レッドクリフ Part I』が満を持して公開!

11月1日『レッドクリフ Part I』が、全国549館で封切られ、各地の劇場で相次いで満席となる状況で、今年度洋画興収No.1を狙える勢いで発進となりました。
今年7月に公開したアジア各国では、中国、韓国、台湾などで2008年オープニング興収No.1を記録。
特に中国では、過去最高の興収をあげていた『タイタニック』の4,400万ドルを上回り、4,600万ドル(興収約50億円)を突破。中国国内における興行収入歴代最高記録を樹立しました。
そして、いよいよアジアで最後の公開国となった日本では、全国各地の劇場で完売御礼が続出。大阪のメイン館である「TOHOシネマズ梅田」では、朝10時の時点で、夕方の回まで即座に完売。14時には全ての回が完売という異例の売れ行きになりました。
また、全国の主要映画館でも朝から満席の回が続出。劇場の外へ人があぶれるような状況となり、興収50億円を視野に入れ、これまでのアジア映画最高の『HERO』や2008年度洋画No.1の『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』をも捉える状況になっております。


さらに、全国で5,000個限定の特典『必勝孔ピー』を特典として付けた『レッドクリフ Part II』(来年4月公開)の前売券を販売開始。各地で続々と完売。
日本全土をレッドクリフ旋風が吹き荒れております。
監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン
配給:東宝東和/エイベックス・エンタテインメント
音楽:岩代太郎
主題歌:alan 「RED CLIFF ~心・戦~」(avex trax)
2008/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国/35mm/145分/シネスコサイズ/ドルビーSRD(C)2008 Three Kingdoms Ltd.
映画『レッドクリフ』は、三国志最大の合戦“赤壁の戦い”を二部作に分けて描き、 Part IとPart IIに分けて公開される。11月1日公開の『レッドクリフ Part I』は、天下統一のために動き出した曹操軍に追いつめられた劉備軍が、敵である孫権軍と結束する“赤壁の戦い”前夜の攻防戦と緊迫した人間ドラマが描かれている。金城武演じる諸葛亮、トニー・レオン演じる周瑜が曹操の騎馬軍に奇策で立ち向かう陸上の合戦が見所。
2009年4月公開の『レッドクリフ Part II』では、長江(揚子江)において、 曹操の80万の兵士と2000隻の戦艦にわずか5万の連合軍が知略(連環の計)を尽くして立ち向かう水上戦が描かれている。絶対絶命の連合軍の結束が崩れそうになる時、周瑜の妻、小喬の捨て身の決意が胸を打つ。Part IIでは、女たちもまた、戦いの主役になる。中国を始め、アジア各国では、『レッドクリフ Part II』は『赤壁決戦天下』(原題)として、2009年1月に公開予定
『レッドクリフ Part I』
2008年11月1日より日劇1ほか全国ロードショー!