MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『007/慰めの報酬』ウィリアム&ヘンリー王子臨席ロイヤルプレミア

初!ウィリアム&ヘンリー
両 王子揃ってご臨席
『007/慰めの報酬』ロイヤルプレミア レポート
過去作のイメージから変革を遂げ、生まれ変わった007最新作『007/慰めの報酬』のワールドプレミアが現地時間10月29日(水)夕方ロンドン市内 オデオン・レスター・スクエアで開かれました。
会場の外には3000人の観衆が、ジェームズ・ボンド=ダニエル・クレイグを一目見ようと詰め掛けました。警備に警察官200人、世界中から報道陣500人が集まりました。
本プレミアは、前作『007/カジノ・ロワイヤル』でのエリザベス女王ご臨席に続き、ウィリアム、ヘンリー両王子ご臨席のロイヤル・プレミアとなりました。英国軍に在籍しているお二人のご希望でチャリティ試写になっており、集益金は英国軍人、かつて軍務についていた人、及びその家族のために活動しているHELP FOR HEROESやTHE ROYAL BRITISH LEGIONという団体に寄付されます。また200人の退役軍人たちがこのプレミアに招待されています。
また、他のゲストとして、本作の主題歌を歌っているジャック・ホワイト、トップモデルのエル・マクファーソンらが来場しました。


ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグは永年のパートナーでありプロデューサーであるサツキ・ミッチェルを伴ってレッドカーペットに登場。観衆から大歓声があがりました。また、両王子登場時にも、ダニエル以上の歓声があがり、英国王室の人気のほどが伺われました。
両王子を、劇場前でお迎えしたのは、まず退役軍人たち。スタジオVIP、マーク・フォースター監督らスタッフ、オルガ・キュリレンコ、ジェマ・アタートンらキャストに続き、最後にダニエル・クレイグと気さくにお話されました。両王子は劇場に入る前、およそ30分ほどの時間をこの談笑に費やされました。
英国王室の若き二人の王子の登場で、まさに007が生まれ変わり、若い世代にも受け入れられるものになったことが証明されたといえるでしょう。
日本の報道陣に向かって、ダニエル・クレイグは「日本に行くよ」とコメント残し、来月の来日とジャパンプレミアへも期待を語りました。
『007/慰めの報酬』
2009年1月よりサロンパス ルーブル丸の内ほか全国ロードショー