MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』ギレルモ・デル・トロ監督来日記者会見

『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
10月30日(木)、ギレルモ・デル・トロ監督
来日記者会見のご報告
宮崎アニメ大好き! デル・トロ監督のオタクなエピソードが満載!
アメリカン・コミックを映画化した異色のヒーロー・アクション・シリーズ『ヘルボーイ』。2004年公開の第1作に続き、このたびさらにパワーアップした続編『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』が誕生し、2008年7月に全米公開されるやいなや、No.1ヒットを記録しました。1月9日の日本公開に先駆け、本作の監督を務めたギレルモ・デル・トロ監督が来日し、東京・有楽町のザ・ペニンシュラ東京で記者会見を行いました。デル・トロ監督はメキシコ出身で、昨年のアカデミー賞をはじめ、全世界から絶賛された「パンズ・ラビリンス」、そして『ロード・オブ・ザ・リング』三部作の前章となる「THE HOBBIT(ホビットの冒険)」の監督に抜擢されたファンタジーの鬼才です。


デル・トロ監督は「前作ではモンスターを倒し、人間側に立つヘルボーイが描かれますが、本作では彼がモンスターにも美しさがあるのを知り、自分が人間側でもモンスター側でもないことを悟ります」と前作からの相違点をコメント。モンスターにこだわって映画製作を続けていることに関しては「人間より純粋だから」とモンスターに惹かれる理由を述べ、「中でも好きなのはフランケンシュタイン」と明かしました。また、影響を受けた日本のクリエイターについては「ジャパニメーションがブームになる前から日本のアニメは大好き。手塚治虫や宮崎駿、高畑勲に押井守、大友克洋…」と名前を挙げ、さらに「『ゴジラ』などの日本のモンスター映画は、クリエイターや観客がモンスターを愛しているのが素晴らしいですし、『メタルギア ソリッド』といったゲームや伊藤潤二らのホラー漫画に見られる西洋にはないストーリーテリングもスゴい」と堰をきったようにオタク・トークが炸裂しました。
また、応援ゲストとして「ヘルボーイ」と監督の大ファンを公言するお笑いコンビのジョイマンがヘルボーイ・グッズをもって登場。ヘルボーイ・カラーの赤いシャツに身を包んだ高木が次回作出演をアピールすると、「君のために5本新作を描きおろすよ!」とジョークを飛ばし、会場を多いに沸かせました。
監督:ギレルモ・デル・トロ『パンズ・ラビリンス』、『ホビットの冒険』
原作:マイク・ミニョーラ
製作:ローレンス・ゴードン『トゥームレイダー』シリーズ、『ダイ・ハード』シリーズ
撮影:ギレルモ・ナバロ『スポーン』、『パンズ・ラビリンス』、『ナイト・ミュージアム』
音楽:ダニー・エルフマン『バットマン』『ウォンテッド』『スパイダーマン3』
出演:ロン・パールマン『ヘルボーイ』、『BUNRAKU』、セルマ・ブレア『クルーエル・インテンションズ』『ストーリーテリング』、ダグ・ジョーンズ『ファンタスティック・フォー銀河の危機』、『パンズ・ラビリンス』、ジョン・ハート『パフューム』『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』、ルーク・ゴス イギリスの双子ユニット「Bros」ドラムス
2008年/アメリカ/カラー/ビスタサイズ/ドルビーSRD/1時間59分/字幕翻訳;林完治
原題:HellboyII;The Golden Army
全米公開:2008年7月11日(北米配給:ユニバーサル・ピクチャーズ)
配給:東宝東和
協力:NTT DOCOMO,INC、ジェネオン エンタテインメント
(c) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー』
2009年1月9日(金)より、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー