MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

「東京デス映画祭」 突然の開幕、そして閉幕! 『デス・レース』公開記念イベント

「東京デス映画祭」 突然の開幕、そして閉幕!
豪華ゲスト多数来場の映画『デス・レース』
公開記念イベントご報告
1975年に公開し、カルト的人気を誇った映画『デスレース2000』。その伝説的映画にオマージュを捧げ、現代版アクションエンタテインメントとして”復活”した東宝東和配給の映画『デス・レース』。11/29(土)の公開に先駆けて、東京国際映画祭の興奮冷めやらぬ翌日10/27(月)に「第1回東京デス映画祭」を開催致しました。
当日は、スチール33名、ムービー40名と多くの報道陣がゲストの登壇を待ち構える中、本映画祭の開催を祝い、『デス・レース』主演で、ハリウッドきっての肉体派俳優ジェイソン・ステイサムに肩を並べる日本きっての肉体派芸人アントキの猪木さんが登壇し、新技デス・レースを披露。本映画祭チェアマンとしての役割を堂々と務められました。また『デス・レース』は前作からの“復活”映画、そしてこの度ご自身もお二人での音楽活動を復活されたバブルガム・ブラザーズのブラザー・コーンさんとブラザートムさんが登壇し、“復活”をキーワードにブラックジョーク満載のデス・トークを繰り広げました。そしてレース映画には欠かせないデス・レースクイーン(華彩ななさん、藤井梨花さん、小倉遥さん、雨坪春菜さん)が登壇し、東京デス映画祭を肉々しく盛り上げました。


イベントタイトル:第1回 東京デス映画祭
登壇者:アントキの猪木、バブルガム・ブラザーズ(ブラザー・コーン、ブラザートム)、デス・レースクイーン(華彩なな、藤井梨花、小倉遥、雨坪春菜(敬称略)
日 時:10/27(月)11:30~
場 所:スペースFS汐留
アントキの猪木さんコメント
皆さん、元気“デス”かー!!
『デス・レース』は元気の出るイノキ(命)をかけて戦う男の映画です。この映画は不死身のフランケンシュタインが主人公なので、自分が不死身になった気分で観ることができました。
バブルガム・ブラザーズ コメント
ブラザー・コーンさん
30年前に2人で観た『デスレース2000』(1975)が、今回『デス・レース』として復活するということで、バブルガム・ブラザーズもこれを機に曲を出すことが決定し復活することになりました。
二人とも病気で倒れて生と死の間からはい上がったところは、まさに“デス・レース”そのものでした。おじさん世代の代表として、これからもデス・レースと戦っていきたいです。
ブラザートムさん
とにかく、この映画を早く観て欲しい。
(バブルガムの)復活理由はバブルガムを辞めてみたらバカな連中がいないので、とことんバカでいいと思った。
お二人とものコメント
これからも『デス・レース』を応援します!
ストーリー
近未来のアメリカ。そこではスーパーボウルを上回る熱狂的な人気を博すレースが存在していた……。それは、“死”のレース。サーキットは、四方を海に囲まれた脱獄不可能な刑務所「ターミナル・アイランド」。出場者は極悪非道の凶悪犯ども。武器は特殊武装が施されたスーパーカー。流血と破壊が渦巻く非情なレースを勝ち抜き自由を手にするのは、いったい誰なのか!強烈なスピード感と圧倒的な迫力、観るものを例外なく危険領域に誘い込む、究極のドッグファイト・ムービーがついに日本上陸! 今、“死”が爆走する!!
製作総指揮:ロジャー・コーマン
監督/脚本:ポール・W.S.アンダーソン『バイオハザード』『エイリアンVSプレデター』
キャスト:
ジェイソン・ステイサム『トランスポーター』シリーズ
ジョアン・アレン『ボーン・アルティメイタム』
イアン・マクシェーン『カンフー・パンダ』
ナタリー・マルティネス『ファッション・ハウス』(TV)
原題:「DEATH RACE」/2008年/アメリカ映画/105分
配給:東宝東和
(C) 2008 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
『デス・レース』
11月29日(土)有楽座他全国ロードショー